TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

Spring 2018
ニロファー・アクムット(Nilofar Akmut)と青柳礼子はロンドンに在住する作家。二人は1996年にアクムットが自国パキスタンで開催したワークショップ(Between the Visible and Invisible)で出会い、1998年に同じくワークショップに参加したフィリダ・バーロー(Phyllida Barlow)、リナーテ・コッホ(Renate Koch)と共にカーデイフ(英)で、Out of Place展を開催。20年を経て、今回は連続して開催される個展を通して、非常に違う作家がそれぞれのやり方で、現在の世界とどんな関係がもてるかを探る。

青柳礼子 展
Reiko Aoyagi
 
Light within the veins of consciousness
意識を流れる光り
 
2018年4月2日(月)〜4月15日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※水曜休廊
トーク 4月7日(土)17:00~
(青柳とアクムットによる、作品を通しての互いの関係や現在の世界との関係についての対話)
 
  Artist's Comment


ここ数年、制作を通して人の死について扱ってきた。今回は、自分の死について考えてみたいと思った。そのことが、普遍的な現象である意識と、全ての生命体を支える光りについて探ることに繋がっていった。そして、意識は光りに支えられて、移り変わる時空間のプロセスと結びついているのではないかと思った。

身近な植物(野菜、果物も含む)のマクロ写真をカラーネガに転換し、ライトボックスと組み合わせた。このようなトランスフォメーションを通して、植物の中に潜んだ世界を取り出してみた。さらにインスタレーションにして、光りの粒子がゆっくりと振動し流れる、原初のエネルギーに満ちた時空間の可能性を追ってみた。

昔、植物の詳細なドローイングをしていた時に、葉脈の構造の中に宇宙にまでも繋がる構造があることに気がついた。ウイリアムブレイクが詩の中で「砂粒の中に世界を見」と言ったように、葉脈の細部にすでに世界が潜んでいる。世界の中での自分を捉えようとする時、親近感のある生きたものとしての植物を素材にするのは、自然なことに思えた。

小さく広がった繊維質の葉脈は、網目のように伸びていく人の意識の構造とも重なると思った。
その意識構造は、まざまざと生きている遠い記憶の過去、葛藤に充ちた現在、そして予感でいっ
ぱいの未来が一緒に折り重なった時空間である。

葉脈の構造はまた、DNAのように個人の可能性を秘めたテンプレートのようにも思われた。植物の世界に様々な繊維構造があるように、世界には様々な人間の特質を秘めた異なったテンプレートがあるのだ。ここでも小世界のなかに大世界が見られる。可能性に充ちた流動的な光りの時空間は、宗教、人種、性、国家のような違いによって分け隔てられた現代社会の複雑な諸相の奥底にも存在する。それは、違いによって生じる対立が解かれていき、繋がりが見えてくる世界である。








プロフィール

1977 茨城大学卒業
1995 カーディフ美術大学大学院修士課程修了

2001 Glow / アート・スペース(シドニー)
2001 Transparent ll /オリエルモスティン・ギャラリー (北ウェールズ)
2001 New Space / (Japan 2001キューレーター)オリエルモスティン・ギャラリー(北ウェールズ)
2002 Transparent lll / ブレッドファ・アーツセンター(ウェールズ)
2004 Identidades / ミチョアカン大学(モレリア/メキシコ)
2004 As it is /トキ・アートスペース(東京)
2005 Transparent lV /ハワードガーデン・ギャラリー(カーディフ/ウェールズ)
2005 Reiko Aoyagi/ Philippa Lawrence / ハウス・オヴ・アート(チェコ共和国)
2006 Illuminations / ストーンクオリヒル・アートパーク(ニューヨーク州/アメリカ)
2007 Beginning / ミュージアム・オヴ・ロストヘリティッジ (バーミンガム/イングランド)
2008 Untitled / ダンボールロード・パブリックアート(カーディフ/ウェールズ)
2009 Art Colony Galichnik(マケドニア)
2014 Afterimage / トキ・アートスペース (東京)

www.reiko-aoyagi.com





up▲
 back to home▼