TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

Spring 2018
ニロファー・アクムット(Nilofar Akmut)と青柳礼子はロンドンに在住する作家。二人は1996年にアクムットが自国パキスタンで開催したワークショップ(Between the Visible and Invisible)で出会い、1998年に同じくワークショップに参加したフィリダ・バーロー(Phyllida Barlow)、リナーテ・コッホ(Renate Koch)と共にカーデイフ(英)で、Out of Place展を開催。20年を経て、今回は連続して開催される個展を通して、非常に違う作家がそれぞれのやり方で、現在の世界とどんな関係がもてるかを探る。

ニロファー・アクムット 展
Nilofar Akmut
 
My mother gave birth to a nation and never recovered
私の母は国家を産んだが、立ち直ることはなかった
 
2018年3月26日(月)〜4月1日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※水曜休廊
パフォーマンス 3月31日(土)17:00~
 
  Artist's Comment


私は、フェリーチェ・ベアトの写真《ラクナウのシカンダル庭園》を参照している。この写真は、1857年のセポイの反乱、すなわち、インド独立戦争直後の様子を撮影したもので、その後まもなく英国は、インドの直接統治を開始した。まさにこの画像を念頭において、私は母の物語と1947年のインド亜大陸における分離独立が母の生涯に与えた影響を再構成して創造し、語る。

2017年9月、母が「最後の海外旅行」と思い定めた、スリランカのゴールでの休暇の間に、私は母の一生のなかでの重要な出来事についての言葉を引き出した。

過去にわたしは、彼女の生涯について振り返らせようと対話を試みたが、彼女はなかなか口を開かなかった。

わたしが創造した本作品は、混乱を極めた、しかし、決定的となった瞬間が与えた影響に関するものである。ヒンドゥー教国・インドと、イスラム教国・パキスタンというふたつの国家に分断された英領インドからの避難民である、母の語りと関わっている。

異なった宗教信条を持つもの同士が何世紀もの間、隣り合って仲良く暮らしてきた、いにしえの大地。母はそれが分断されるのを、目撃させられた。

英国の植民地主義者たちは、1858年から1947年までインド亜大陸を支配したのち、出て行く時が来たことを認識した。第2次世界大戦は終わった。彼らは破産し、出発を急いだ。彼らは、出立を望むばかりで、史上最大の移民となる1,400万人超の人々が、急に引かれた国境を越えて移動するのに必要な行政機関を設置することはなかった。

ヒンドゥー教徒もムスリムも互いを虐殺しはじめた。こうした苛酷な環境のもと、脱出を選んだ母と母の家族は、パキスタンに避難する際には家畜運搬用の貨車に乗るしかなかった。

こうした体験のあと、母は心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苛まれ、わたし自身もそうした恐怖におののく母の姿を目撃して精神的な打撃を受けた。このようにして国の問題が個人の問題となり、わたし自身の作品創造に直結するようになった。

こうした体験にも関わらず、母は女性の権利擁護運動の活動家であり弁護士として、公的には素晴らしい活躍をした。母であり娘であるがゆえに、わたしたちは複雑な関係にある。それでもなお、母は間違いなくわたしにとってメンターの一人となったのである。(岩永悦子訳)








Education

1975-1979 National College of Art, Diploma in Art
1982-1986 Byam Shaw School of Art, Undergraduate studies in Mixed media
1986-1988 Slade School of Art, Post-graduate studies in Mixed media
2013-2014 Royal Hollway, Documentary filmmaking

Exhibitions and events
2017 Drawings for Syria, Rabley Drawing Centre, Marlborough, UK
2017 Virginal vaginas, Apexart, NY, USA
2017 Once upon a time I was exotic, Now I am a terrorist, London streets, UK
2017 Amnesia, London streets and Bluecoat gallery, Liverpool, UK
2018 Amnesia, IAS, UCL, UK

Publications
2017 To Draw the Line. Partitions, Dissonance, art. A case for South Asia. Guest Editors Alice Correia and Natasha Eaton. Third text





up▲
 back to home▼