TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
触覚 手触り(てざわり)のかたち
 
2022年9月27日(火)〜10月2日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
 
  Artist's Comment


 美術鑑賞において、作品を見ることを考える。より作品を見る為に雑念を排除し五感を働かせて鑑賞するように言われることがある。五感とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚を指す。しかし、美術鑑賞においては、ほぼ視覚に頼っているように私は思う。それを補うために、キャプションや作者のポートフォリオなどが付加されているが、視覚の範囲を越えていない。そして、作品を見ているだけで果たして本当に作品を鑑賞できているのか疑問が湧いてくる。作者が感じたことを感じ、作品を取り巻く空間を感じることができれば、もっと美術作品を鑑賞できると思う。しかし、美術館やギャラリーでは作品の保全のため作品に触ることができない場合がほとんどである。

 この展覧会では、五感の一つである『触覚』を刺激することを考えてみたい。何かに触れることで、形、素材、固さ、温度等、作品が内包するたくさんの情報を与えてくれる。小さな子供は、何にでも触りたがるし、大人でも魅力的なものにであった場合手に取りたくなる。この感覚をこの展覧会で表したいと思う。彫刻では、触ることで形や素材感等たくさんの情報を得られる、絵画においても画面のマチエールは画家の思想など制作の一端を感じられると私は思う。

 近年、人との交流、ふれ合いは、避けられてきた。多くの人が触るものは消毒され、できるだけ触らないように社会全体が進めてきた。しかし、私は、触ることの重要性を主張したい。美術作品をより深く鑑賞し、作品の本質に触れるために視覚に加え、触覚が人の心の根底に投げかけ、健全な人間性を保つために必要であると私は考える。今回の展示は美鑑賞の一つとして提案します。









テーマ
作品鑑賞において、手触りを重視し、視覚に加え、触ることで感覚が呼び起こされる作品を提案する。

内容
現代作家による触覚を刺激できる絵画彫刻作品展。ドローイングと小作品を合わせて展示。

出店予定作家  6名(彫刻系4名 絵画系2名)
浅野彌弦 (絵画系諸材料) 東京造形大学 卒
阿部靖道 (石) 多摩美術大学彫刻科 卒
四家真理子 (石) 多摩美術大学彫刻科 卒
野津俊道 (諸材料) 多摩美術大学彫刻科 卒
森哲弥 (ポリエステル樹脂) 多摩美術大学彫刻科 卒
川西紗実 (紙) Sophia University Sociology 卒


up▲
 back to home▼