TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
高島芳幸 展
Yoshiyuki Takashima
 
用意されている絵画-イキルシカク—2
<絵画「物・色・身体」と外部>考
 
2022年6月14日(火)-6月26日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※月曜休廊
 
  Artist's Comment

■絵画する。
(支持体は外部であるか)
目の前にあるキャンバスや紙を見ながら触る
肌触り 呼吸が触れるまで 内と外を往還しながら形や大きさ・質などを感じ取る
目の前にあるキャンバスや紙を感じながら 未だカカレテいないシカク を見る

「点・線」が 表や裏 側面や厚みに 触れる そのこと
「色」が 表や裏 側面や厚みに 触れる そのこと
物と時間と行為 そのことから生まれる絵画
シカクヲカク。
(部分と全体 と その外側 と)

□絵画は問う。
『図像や形や空間…だけでなく、触れる(絵を描く)行為の前に「支持体」との関係を成立させているものは何か。物質的存在か歴史や文化的存在か。偶然か必然か…それとも自然か…。物質…距離、時間…などを内包する私は、私自身のリアリティー=私に与えられた強度と深度が、モノと行為と時間との関係の中で、どの様に生まれているのか』と

□絵画は促す。
『建築の内部に入るように、私の内部に入れ、身体ごと。単なる外から、見るための視覚を内部に導くだけでなく、身体ごと入ることが肝要である。内部にあっても同時に外を見る視覚を保持しながら、全身で見て感じ取る。「触覚的視覚」が、今・此処のリアリティーを辛うじて信じさせ、私を束の間見せてくれているが、同時に私の外側も常に在るということを忘れてはならない。内と外を自在に往来する視覚と身体があってこそ、絵画は生まれてくるのだ。そこでは支持体はメディウムになっていく』と

■絵画をトキ・アートスペースの壁におく。
絵画は展示空間というもう一つの外部を纏うが、その外部にも外と内がある。展示作品の内部同士が各々の作品を互いに「相対化」できたとしたなら、この空間もまた新たな絵画になっていくのではないだろうか。自然を考える。
また、ギャラリー空間自体も社会や時代という外部を纏っていることを忘れてはならない。世界は互いに入れ子構造の状態としてあるのだが、絵画はそれらを貫き生の実感を甦らせてくれるように思う。

2022.5.高島芳幸 (2022.3.21制作メモ加筆)






「用意されている絵画-イキルシカク-」
展示風景/トキ・アートスペース/2020


「用意されている絵画 Nov.2020-イキルシカク-」
アクリル・綿布・木枠・ステープル/213×213×5㎝/2020


「用意されている絵画-イキルシカク-」
展示風景/トキ・アートスペース/2020



高島 芳幸(1953年 茨城県生まれ)

主な個展
2022 「用意されている絵画-日常/絵画場へ-」(るーぶる愛知川/滋賀)
2020 「用意されている絵画-イキルシカク-」(トキ・アートスペース/東京)
2019 「用意されている絵画-視覚・関係・所有 Ⅱ-」(アトリエ・K/横浜)15.
2018 中津川のフタツのシカク 高島芳幸×内藤晴久(ギャラリー彩園子/盛岡)
2017 「用意されている絵画-視覚・関係・所有-」(GALLERY DODO/東京)
2017 「用意されている絵画-シカクヲカク-」(ギャラリー現/東京)01.05.07.09.10.12.14.16
2015 「用意されている絵画-シカクニフレル-Ⅱ」(アトリエ・K/横浜)
2014 磁気状況2014 「用意されている絵画-Fu.Feb.2014 」(ギャラリー彩園子/盛岡)92
2013 「用意されている絵画-距離をイメージすること-(グルグルハウス高柳/新潟)
2011 「日記 2011.3.11-9.11」(ギャラリー彩園子/盛岡)98.03
2010 「用意されている絵画-イメージすること/イメージされること-」(ギャラリー四門/横浜)
2008 「用意されている絵画」(ギャラリー伝・Den.ST/東京)89.92.99.01
2007 「用意されている絵画-絵画という時間-」(ギャラリー睦/千葉)
2006 「生成する場-存在から関係へ-」(The Art Stage POLRIS/神奈川)
2003 平面と立体の間-インスタレーション・高島芳幸-(うらわ美術館/埼玉)
2003 「用意されている絵画-絵画をおく-」(SPC GALLERY/東京)
1999 「関係 July.1999」(真木画廊/東京)88.89.93.95.97
1998 「解放された視野・Ⅱ'98-高島芳幸展」(ルナミ画廊/東京)96
1995 「表現の発生する場」(KIM NAE HYUN ART GALLERY/ソウル・韓国)

主なグループ展
2022 どこかでお会いしましたね 2022(うらわ美術館、他/さいたま.)13.14.15.16.17.18.19.20.21
   エスプラナード展2022(埼玉会館エスプラナード/さいたま)19.
   「大地」展(池之端画廊・千年画廊/東京)
2021 歴史的建造物と現代美術「時のきざはし」(旧高野家離座敷/さいたま)
アートフィールドいわて2021(盛岡中央公園/岩手)
   風景を開ける 大川祐 髙島芳幸(gallery DEN5/東京)
   精神産物構想2021 Artistic chemical reactions 高島芳幸×山岸俊之(SPC GALLERY/東京)
2020 2020ヒロシマ展(東京都美術館)
かがわ・山なみ芸術祭 2020(原宅物置小屋/綾川・香川)13.16.19
2019 倉重光則+高島芳幸「不在の絵画」(ギャラリー睦/千葉)
滝沢アートフィールド(滝沢村・岩手)'91.93.95.97.2001.03.05.07.09.11.13.15.17.
2018 田人の森に遊ぶ ART MEETNG 2018(田人・/福島) 09.13.14.16
絵画と破壊 大川祐 高島芳幸 (masuiiR.D.R gallery/埼玉)
2017 思考する家-「不良実存」(Emiスタジオ/千葉)
中之条ビエンナーレ2017(旧五反田学校/群馬)09.11.13.15
2012 波浮港現代美術展2012(旧波浮小学校・旧甚の丸/伊豆大島) .11
2010 OVER TONE Ⅱ-美術の地上戦-(神奈川県民ホール/神奈川)
2009 まつしろ現代美術フェスティバル2009(旧松代藩文武館/長野)
ART COCTAIL 2009 in 笠間(空き店舗/茨城).06
2007 第10回 我孫子野外美術展(我孫子市・古利根の森/千葉).02
2005 日韓現代美術展「環流」(大谷地下資料館、現代史資料館「まほろば」、他)
2004 眼差しの東洋・手の記憶-沖縄からの発信 (旧国頭村立小・中学校/沖縄)
2000 国際現代美術展「波動1999-2000」(光州市立美術館/韓国、神奈川県民ホール/横浜)
1998 第9回嬬恋高原芸術展~99(嬬恋村/群馬)
   トラッシュライブ'98ゴミと美術家達展(西新宿中央通り歩道/束京)
1997 芝山国際野外アート展97(芝山町/千葉)
   CONTEMPORARY ART FROM JAPAN(HAFNARBORG/ICELAND)
1996 ART FROM 蔵王96 (山田牧場/宮城).98
原風景Vol.Ⅷ (東京都美術館).94
1995 韓日現代美術交流展95 「末来への予感」(清州/韓国)
1991 柏市文化フォーラム104 '91 TAMON賞(関口芸術基金賞)展/優秀賞(柏・そごう/千葉)
1990 名栗湖野外美術展90(名票村埼玉)91.92.93-95.97.99.04
1989 第19回現代日本美術展(東京郡美術館.京都市立美術館)
   '89アクリラート展(O美術館東京)
1987 現場'87展-通行する日常と非日常展(福島県桑折町体育館).86
1984 第7回現代美術の祭典コンクール・優秀賞(埼玉県立近代美術館)~'87




up▲
 back to home▼