TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
大谷まや 展
Maya Ohtani
 
屏風と立体墨絵
 
2022年6月7日(火)〜6月12日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
 
  Artist's Comment


宇宙には多くの「生命の話」が詰まっています。
我々が生命をつむいで来た地球もそのひとつです。
宇宙からつながるその営みは、一つ一つが絡まる糸のように、ねじれたり絡まったりつながったり、46億年もの年月をくり返しながら、無限に広がっていきます。
今私達は、自然災害、パンデミック、戦争と大きな渦の中にいます。
その中で生命について静かに考え屏風に向かいます。
長年、色々な側面から宇宙、生命を描いて来ましたが、今回は生命を終え、枯れた植物です。
たくわえたエネルギーを地下に注ぎ、その中から育つものがあります。
そこに注がれる最後のエネルギーを描きたいと思います。
大谷まや(2022年5月20日)

関連トークイベント
大谷まや×富澤千砂子「復元模写を通じて学んだ事」
2022年6月11日(土)16:00~17:30
定員15名(事前予約制|先着順)
参加費:1,000円(ソフトドリンク付き)
申込先:090-3688-8239(大谷)

富澤氏の主な復元模写事業
・国指定重要文化財 瑞巌寺本堂障壁画
・国宝 子島曼荼羅(第1回読売あをによし賞 奨励賞受賞)
・国宝 信貴山縁起

※新型コロナウイルス感染症に関して細心の注意を払いますが、状況によっては中止する場合がございます。





本展DM


《脈動》 六曲屏風一隻 167×376cm 2020年


《わたしになったこと》 立体墨絵 66×35×23cm 2022年



プロフィール
1975年女子美術大学日本画専攻卒業。1985年まで日展に出品、入選。1987年以降、日展出品をやめ、個展にて活動。日本画廊を皮切りに、パリ、日本全国のギャラリーでの展覧会に加え、修善寺の旅館、青森の古い町屋、京都の寺院等で『屏風絵展』を開催。宇宙・生命をテーマに六曲屏風の制作などを続ける。1988〜93年、京都東寺の『両界曼荼羅図』、松島瑞巌寺『障壁画』の復元模写に参加。また、一方2006年より年末には絵師となり、羽子板に江戸のパロディーを題材とし『羽子板絵展』を開催。様々な展開を楽しむ。各地の小学校・美術館で、屏風絵の公開制作及びワークショップを開催。
作品設置:伊豆国分寺天井絵/静岡県立老人休養ホームロビー壁画
横浜美術大学 非常勤講師




up▲
 back to home▼