TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
吉川和江 展
Kazue Yoshikawa
 
 
2022年3月29日(火)-4月10日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)

 
  Artist's Comment

Creation

現在はデジタルの進歩によって、あらゆる情報がすぐに伝わり大変便利になってきた。また、科学の進歩はコロナ・パンデミックさえも克服される可能性もある。
一方、今のコロナの問題は、世界のさまざまな矛盾も激化し、世界中で貧富の差が大きくなり、貧しい人々はますます貧しくなる、私たちの掲げる民主主義も世界の中で通用しない状況が多く見られるのが現状だ。
このような厳しい状況のなかで、想像力や創造的な芸術とは何か、ということが強く問われことも事実だ
故に世界はそういう困難な状況であるから、逆に、芸術の「創造力」が重要になってきていることも事実だ。また、このような困難な時代だからこそ権威主義や物質主義でない、個人の自由な精神を模索しなければならない。
創造性は、芸術家だけのものではなく、すべての人間の精神と生き方に必要な文化である。
私自身は、自分の思考と感性、そして自分と世界の間で、創造的な試みを行っている。その具体的な表現として、抽象画と具象画を同時に描きながら、自分自身の中にある多様な姿を表現することを持って世界見つめていきたい。
さらに絵画は、生身の人間の感性と思考から発生する「表現の叫び」だと思う。

(2022.03.29 Gallery Toki Art Space)
吉川和江














吉川和江

1945 東京に生まれる
1969 武蔵野美術大学卒業
1976 ハンブルグ国立美術大学入学
1986 同大学卒業
     現在.ハンブルグ(ドイツ)在住

1984    Hamburg市文化庁奨学金
1986—87 künsterstätte Blekede/Lübeck奨学金
1988    Barkenhoff/Worpswede奨学金
1989    Künstlerhaus lauenburug/Elbe 奨学金
1992—93 Bremerhaven 奨学金
2019    Kunstfondsカタログ助成金

個展
1983,06 ギャラリーカンマー(ハンブルグ)
1987 ブレーマーハーフェン市立美術館(ブレマーハーフェン)
1987 アクチュアレクンスト(ブレマーハーフェン)
1990 ギャラリー真木(東京)
1993 ブレーマーハーフェン市立美術館(ブレマーハーフェン)
1993 デルメンホルスト市立美術館(デルメンホルスト)
1995 「キュレターアイ,95」ギャラリーNWハウス(東京)
1996,08,09, ギャラリーNWハウス(東京)
1998、99 ギャラリーClaudia Delank (ブレーメン)
2000,05,08,10ギャラリーClaudia Delank (ケルン)
2000―毎年2016 ギャラリー現(東京)
2001 ブレーメン 市立ギャラリー(ブレーメン)
2013 ギャラリーClaudia Delank (ベルリン)
2017、18 GALLERYエクリュの森 (静岡―三島)
2020、22 トキアートスぺース (東京)

主なグループ展
1980 「紙による展覧会」ケスナー協会(ハノーバー)
1982 インスタレーション .ハンブルグ芸術週間(ハンブルグ)
1986 インスタレーション ,ハンブルグ芸術週間(ハンブルグ)
1987 インスタレーション .グナーデン教会(ハンブルグ)
1995 「Art Today 1995」セゾン美術館(軽井沢)
1998 「Art Collection Vorwerk」ギャラリーHerrnhausen (ハノーバー)
2002 「ブレマーハーフェン奨学生展」ブレマーハーフェン市立美術館
2005,08 ART Cologne-ギャラリーclaudia Delank ケルンMesse (ケルン)
2009 ギャラリーClaudia Delank(ケルン)
2013 ギャラリーClaudia Delankベルリン 
     ドイツ日本大使館(ベルリン)
2018 [洞察]Kuntverein burgwedel (ハノーバー)
2019 「洗練された空間」 渋谷文化村(東京)
2020 オリンピック終息展(東京)
2021 姫路城現代美術ビエンナーレ2021展(兵庫県)






up▲
 back to home▼