TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
 
「3.11-福島との対話展」
3.11-DialoguewithFukushima
 
2022年3月8日(火)-3月13日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)

エンディングイベント
3月13日(日) 3:00pm-5:00pm
3:00pm~室坂京子ライブ
3:30pm~スペシャルトーク
港 千尋氏 X 藤井 光 Chihiro Minato X Hikaru Fujii
 港 千尋:多摩美教授、写真家、映像人類学者
 藤井 光:現代美術家、港氏との共著「災害とアートをさぐる」

 
  Artist's Comment

「3.11-福島との対話」概要

趣旨:今年11年目を迎える福島。あの原発事故は史上最大の災害、人災であり、10年以上もたった今でもそれぞれの故郷に還ることのできない人々がまだ4万人近くもいるという。また、放射能汚染除去もままならない中、福島のいたるところにある放射汚染物質入りのフレコンバックの処理問題、アルプス汚染水の海洋放出問題も含めてこれは日本だけのことではなく地球上全てのこととして捉え考えていかなくてはならない状況になっている。それに伴い、福島に心を寄せるアーティストによって、決してあのような原発事故が二度と起きないこと、忘れ去られないようにと発信していくことを続けていきたいと思う。近年「チェルノブイリの祈り」でノーベル文学賞を受賞したアレクシェーヴィッチの唱えた、大切な「小さき人々の声」が少しでも多くの方々の心に届くこと、それぞれの思いを共有できる展覧会になることを願って以下のように開催したい。













参加作家Participants:(アルファベット順)

EvaHogberg(Upsala,Sweden):www.evahogberg.se
HikaruFujii藤井光(Tokyo):https://www.hikarufujii.com HoseobYoon(Seoul,Korea):http://www.greencanvas.com/english/e_body.html
KyokoMurosaka&ShunsukeMizuno水野俊介(故)&室坂京子(Kanagawa)
http://mayugura.com/event/fukushima
KwangWooKim(Seoul,Korea):https://laportepeinte.com/residencies/artists-in-residence/kwang-woo-kim/ MartinaKändler(Munich,Germany):http://martinakaendler.de
MizukiYui油井瑞樹(Fukushima):yuimizuki.web.fc2.com
Nobuki Yamamoto 山本伸樹(Fukushima): 山本伸樹
SEINO(Oita):http://tomokoseino.com
shokomiki三木祥子(Tokyo):shoko-miki.com
TakamiAbe阿部尊美(Kanagawa):https://takamiabe.jimdofree.com
UteSeifert(Bremen,Germany):https://www.ute-seifert.de


エンディングイベント

3月13日(日) 3:00pm-5:00pm
3:00pm~室坂京子ライブ
3:30pm~スペシャルトーク
港 千尋氏 X 藤井 光 Chihiro Minato X Hikaru Fujii
 港 千尋:多摩美教授、写真家、映像人類学者
 藤井 光:現代美術家、港氏との共著「災害とアートをさぐる」

協力:大原良一 Ryoichi Ohara (元ギャラリーコスモスレーン・オーナー)
デザイン:松田陽子 Yoko Matsuda(デザイナー)





up▲
 back to home▼