TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

藤井隆也 + 本多真理子 展
Mariko Honda, Takaya Fujii
 
空ー Kū ー
 
2021年6月22日(火)-7月4日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※6/28休廊
 
  Artist's Comment


2020年11月初旬、私は京都の藤井さんを訪ねた。世の中は第3波への予感の頃だったか、早朝8時ころ藤井邸に近いバス停で下車、ゆっくりと目指した。空気は少し冷たく心地よい、紅葉の赤がなんて綺麗に見える空気だろう!と私は深く吸い込んだ。
藤井邸に到着、散歩(御室仁和寺八十八箇所)に行ってる藤井さんの帰りをテラスで待った。そこには2個目?の椿の花のアクリルケースが在った。程なくして細い葉のついた枝を携えて藤井さんが戻ってすぐに水を吸わせる、日々御室の季節を知らせる植物を生けている。
菌、植物、昆虫、動物と私たちは時間を借りて身を借りて返して巡る。
藤井さんが拾う椿はまだ色も形もそのままの姿で地面にいることだろう。そして広くて深い御室には藤井さんと会わなかったらそのまま土に返ってゆく椿。層になった椿から循環が、そして椿だけではなく全てが空になることが見えてくる。
細かな断面(日々)は因縁だらけだが。

私は藤井さんに会いに行く直前の個展にてギャラリーの半分のスペースを丸めた新聞紙で埋めた。そこに一本の筒を通した。筒の両側からは丸い筒の断面に切り取られた風景が見える。会期中変化してゆく植物、太陽の傾きなどこんなコロナ禍なのに不変な世界だった。新聞で閉じられた空間(ギャラリー)はざわついた日々。このことはヒト(「私」)に影響を及ぼしてるだけなんだと認識した出来事だった。

半ばうつろさも抱えながら御室を訪れた時に藤井さんに再会した時、同じ時間を過ごしたのは数時間のことだったが花園駅で別れた後に別れた藤井さんの存在は確かだった。
椿の花というサイクルの早い存在が知らせてくれた「空」。
藤井さんに「空」ということはどうかと投げかけてみた。

2021.6  本多真理子










 





up▲
 back to home▼