TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 月曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2021年 新春企画
 
中前 寛文 展
Hirofumi Nakamae
 
The planet of hope ∞ 2021
希望の惑星
 
2021年1月11日(月)-1月24日(日)
12:00-19:00 (最終日16:00まで)
※水曜日休廊
 
  Artist's Comment

今年2020年2月~3月半まで、ロシア・シベリアのバイカル湖に浮かぶオリホン島にアーティスト・レジデンスした。今回は、そこで制作、記録した作品要素を空間化する。世界は今、様々な負のエネルギーに包まれている。私たちは、ここからどこへ行くのだろうか。本展では、全く異世界の体験を透して、思考・身体性を再構築し、正のスパイラルとしての表現を試みる。
ロシア南東部のシベリアに位置するバイカル湖は、特別な地勢地域で自然による断層湖(水深約1600m)で古代湖でもある。レジデンスしていたオリホン島周辺も特別な地質構造で、作品写真にある岩山は、シャーマンロックと言われている。プリヤートの人々の聖地でもある。シャーマンロックは、氷に包まれていたが、その下には、赤い地衣類がビッシリ岩の表面を覆っていた。この地域は、固有種も多く、生物多様性をもつ場所でもある。バイカル湖の世界屈指の透明度は、固有種のバクテリア、プランクトンが水質を浄化するらしい。日々のフィールドワークやこの地の人々の協力で実現することができた” インフィニティ ∞ ”。シャーマンロックの景観と一体となって出現できた。インフィニティ ∞ は季節と共にバイカル湖へ消え去り、何もなかったように再び広大な氷面となっているだろう。

Artist site
https://hirofuminakamae.com




infinity01
シャーマンロックとインフィニティ∞(バイカル湖オリホン島:2020.3)


infinity02
インフィニティ∞ ドローイングプラン(Nikita's homestead:2020.2)


infinity03
氷柱によるサウンドパフォーマンス(バイカル湖洞穴:2020.2)



近年の活動

1979 京都市立芸術大学美術学部卒業
2001 グローバルか反グローバルか (TOKI Art Space 東京)
2013 Fictional Tourism シベリアへのプロローグ (CAS 大阪 )
2016 無限を考える - かがわ・山なみ芸術祭(棒賀神社 香川)
2016 モンゴルからシベリアへ、日本人墓地 、バイカル湖など取材撮影の旅 ( ロシア )
2018 固体-液体の臨界点はまだ発見されてない - 日韓展 (SWID ソウル )
2018 存在の行方 The future of the existence(TOKI Art Space 東京)
2019 存在の行方 2019+圧覚する (city gallery 2320 神戸 )
2020 The planet of hope on Lake Baikal( アーティストレジデンス オリホン島 ロシア)





up▲
 back to home▼