TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
高島 芳幸 展
TAKASHIMA Yoshiyuki
 
用意されている絵画−イキルシカク−
The Appointed Painting
-quadrangle and/or sight being alive-
 
2020年11月16日(月)-11月22日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※会期中無休
 
  Artist's Comment


世界に触れる方法 

私たちは日常を生きている。日々忙しく流れていく時間-日常。私たちの生の時間は一瞬一瞬が特別な一回性の時間の堆積された、かけがえのないものであるが、日々の暮らしは無意識の内にそれらを平板な生へと送っていく。ベンヤミンはアウラの喪失の後、芸術を担っていくものの一つとして「触覚的視覚」という言葉を引き、当時の映画やダダ(デュシャン)を論じ、そこに一つの出口を見出している。

「触覚的視覚」を通して、その日常の流れを一瞬断ち切るところから絵画を始める。

見ること/見られること
この二重性の中に 対象との距離と関係を探る  
点を打つ 描く行為を 
身体を通した生の記録として
視覚の記録として 絵画を始める

世界に触れ 
世界を所有していく/所有されていくための
一つの方法として 
絵画もまたある



制作メモ
画面上に残された筆跡や色・形や素材を感覚しながら、次の瞬間身体に封印し、それらすべてを手放す。そして、新しい現実の中に次の点・線を引いていく。今という一回性の現実が重ねられていく。
絵画は、今まで費やされた時間の堆積とこれからの未知−予兆に橋を架けて生まれてくる。
(2020. 不在の絵画カタログより)





《用意されている絵画Mar.2020―眼の記憶と記録―》
使用済みクラフト紙、オイルパス・油彩、木材、米 他
294x450x約100cm(可変)
2020年



高島 芳幸(1953年 茨城県生まれ)

主な個展
2019 「用意されている絵画-視覚・関係・所有 Ⅱ-」(アトリエ・K/横浜)15.
2018 中津川のフタツのシカク 高島芳幸×内藤晴久(ギャラリー彩園子/盛岡)
2017 「用意されている絵画-視覚・関係・所有-」(GALLERY DODO/東京)
2017 「用意されている絵画-シカクヲカク-」(ギャラリー現/東京)01.05.07.09.10.12.14.16
2015 「用意されている絵画-シカクニフレル-Ⅱ」(アトリエ・K/横浜)
2014 磁気状況2014 「用意されている絵画-Fu.Feb.2014 」(ギャラリー彩園子/盛岡)92
2013 「用意されている絵画-距離をイメージすること-(グルグルハウス高柳/新潟)
2011 「日記 2011.3.11-9.11」(ギャラリー彩園子/盛岡)98.03
2010 「用意されている絵画-イメージすること/イメージされること-」(ギャラリー四門/横浜)
2008 「用意されている絵画」(ギャラリー伝・Den.ST/東京)89.92.99.01
2007 「用意されている絵画-絵画という時間-」(ギャラリー睦/千葉)
2006 「生成する場-存在から関係へ-」(The Art Stage POLRIS/神奈川)
2003 平面と立体の間-インスタレーション・高島芳幸-(うらわ美術館/埼玉)
2003 「用意されている絵画-絵画をおく-」(SPC GALLERY/東京)
1999 「関係 July.1999」(真木画廊/東京)88.89.93.95.97
1998 「解放された視野・Ⅱ’98-高島芳幸展」(ルナミ画廊/東京)96
1995 「表現の発生する場」(KIM NAE HYUN ART GALLERY/ソウル・韓国)

主なグループ展
2020 2020ヒロシマ展(東京都美術館)
どこかでお会いしましたね 2018(うらわ美術館、他/さいたま.)13.14.15.16.17.18
2019 不在の絵画 倉重光則+高島芳幸(ギャラリー睦/千葉)
かがわ・山なみ芸術祭 2019(旧高松市立上西小学校/香川)13.16
2018 田人の森に遊ぶ ART MEETNG 2018(田人・/福島) 09.13.14.16
絵画と破壊 大川祐 高島芳幸 (masuiiR.D.R gallery/埼玉)
2017 思考する家-「不良実存」(Emiスタジオ/千葉)
中之条ビエンナーレ2017(旧五反田学校/群馬)09.11.13.15
2015 滝沢アートフィールド(滝沢村・岩手)'91.93.95.97.2001.03.05. 07.09.11.13
2012 波浮港現代美術展2012(旧波浮小学校・旧甚の丸/伊豆大島) .11
2010 OVER TONE Ⅱ-美術の地上戦-(神奈川県民ホール/神奈川)
2009 まつしろ現代美術フェスティバル2009(旧松代藩文武館/長野)
ART COCTAIL 2009 in 笠間(空き店舗/茨城).06
2007 第10回 我孫子野外美術展(我孫子市・古利根の森/千葉).02
2005 日韓現代美術展「環流」(大谷地下資料館、現代史資料館「まほろば」、他)
2004 眼差しの東洋・手の記憶-沖縄からの発信 (旧国頭村立小・中学校/沖縄)
2000 国際現代美術展「波動1999-2000」(光州市立美術館/韓国、神奈川県民ホール/横浜)
1998 第9回嬬恋高原芸術展~99(嬬恋村/群馬)
   トラッシュライブ’98ゴミと美術家達展(西新宿中央通り歩道/束京)
1997 芝山国際野外アート展97(芝山町/千葉)
   CONTEMPORARY ART FROM JAPAN(HAFNARBORG/ICELAND)
1996 ART FROM 蔵王96 (山田牧場/宮城).98
原風景Vol.Ⅷ (東京都美術館).94
1995 韓日現代美術交流展95 「末来への予感」(清州/韓国)
1991 柏市文化フォーラム104 '91 TAMON賞(関口芸術基金賞)展/優秀賞(柏・そごう/千葉)
1990 名栗湖野外美術展90(名票村埼玉)91.92.93-95.97.99.04
1989 第19回現代日本美術展(東京郡美術館.京都市立美術館)
   '89アクリラート展(O美術館東京)
1987 現場’87展-通行する日常と非日常展(福島県桑折町体育館).86
1984 第7回現代美術の祭典コンクール・優秀賞(埼玉県立近代美術館)~'87






up▲
 back to home▼