TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2020年トキ・アートスペース企画シリーズ
“Realization"vol.6
情報に与することなく、実感をもって絵画という形式と向き合い、その先に現れる世界に出会う。
一年を通して7人の個展。
 
坂内美和子 展
Miwako Sakauchi
 
「界の狭間」
 
2020年9月14日(月)〜9月27日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※水曜日休廊
 
  Artist's Comment


界の狭間

どんよりした曇空から多量の雨粒が山肌に注ぎ、尾根をつたい、切り裂くように川となって流れ落ちる。その先に神秘的な深いブルーの色が浮き上がったような湖がある。
アイルランドで目の当たりにした光景だ。これを私なりの思考でなぞってみる。

ある場所が、その人の体験、受け取りしだいで、「ヴェール」が薄くなるという。「聖」が「俗」となり、「俗」が「聖」と化す。ケルトの言葉に「薄い場所」(thin place)がある。
簡単に言えば、この世とあの世の境のことだ。
深い青を思い起こすたびに、そうした思いにとらわれる。ここ数か月は、そうして制作をしてきた。

そこに新しい出来事が加わる。パンデミックだ。
外出を控えたせいで、通販の利用が増え、梱包の段ボール箱が家の中に増えてしまった。

段ボールは再生紙から作られるが、紙は木から生まれる。
私は長年、主に朴(ホウ)の木板を支持体とした作品を作ってきたが、今回段ボールの利用を思いついた。

木を使った生産と消費の流れの、最初のほうに木板があり、最終点に段ボールがある。そして通販は国内だけでなく、広く海外に流通する。それはグローバリゼーションの象徴だ。

制作工程は、これまでと同じく、表面にアクリルで彩色を施す。朴は彫刻刀や鑿で彫るが、段ボールは表面をカッターで切りはがす。段ボールと平行して、いままで通り、ホウの木板を支持体とした作品も発表する。

木板の彫りの面の粗っぽさは自然。段ボールの切りはがしは産業の断面。彫りと切りはがしの工程が生み出すものは、臨界を迎えつつあるいまの世界の「狭間」。
「薄い場所」を通り抜け、そこから向こう側の世「界」を見たい。

2020年8月
坂内美和子






〈界の狭間シリーズその1〉
635×500mm
段ボール、アクリル、パステル、炭、他


〈界の狭間シリーズその2〉
200×150×10mm
ホウの木、アクリル




坂内美和子プロフィール

1964 千葉県生まれ
2003 藍画廊にて個展(東京・京橋)、05年も
2004 ギャラリーアートサロンII にて個展(千葉)
フタバ画廊にて個展(東京・銀座)
2005 「チバ・アートフラッシュ’05」〔千葉市民ギャラリー・いなげ〕に参加
2007 喫茶谷中ボッサにて個展〔東京・谷中〕
2008 ギャラリー21+葉にて個展〔東京・銀座〕
2009 ギャラリー現にて個展〔東京・銀座〕、12、14年も
2010 第13回我孫子国際野外美術展〔千葉〕に参加
2011 中之条ビエンナーレ2011〔群馬〕に参加
横浜の森美術展4〔神奈川・横浜〕に参加
2013 清里現代彫刻展2013「feel」に参加
「今日のオブジェ展」に参加〔ギャラリー湯山・新潟〕
ギャラリーKINGYOにて個展〔東京・千駄木〕
「遊・桜ヶ丘 現在進行形野外展2013」に参加〔東京・多摩〕、14、17、18年も
2015 坂内美和子x小林恒夫展を開催〔SPC GALLERY/東京・日本橋〕
2016 「ART MEDICINE G24/1st展」に参加〔SPC GALLERY/東京・日本橋〕
「プレ蔵と現代美術展2016」に参加〔埼玉・川越〕
2017 「〈平面〉ー明日への挑戦」に参加〔ギャラリー湯山・新潟〕
2018 「ドローイングの現在」に参加〔ギャラリー湯山・新潟〕
トキ・アートスペースにて個展〔東京・外苑前〕
2019 「BOX ART の新展開」に参加〔ギャラリー湯山・新潟〕
「拡張するメールアート」に参加〔ギャラリー湯山・新潟〕
「THE LIBRARY 2019」に参加〔トキ・アートスペース・外苑前〕
「一の字展」に参加〔オリエアート・ギャラリー・外苑前〕
「現在進行形サテライト展2019」に参加〔ギャラリーKINGYO・千駄木〕
2020 「増殖と破滅のはざまでーパンデミックに己をどう刻印するかー」に参加〔ギャラリー湯山・新潟〕
トキ・アートスペースにて9月企画個展〔東京・外苑前〕

他、個展グループ展多数

作家紹介文献
『月刊美術』2019年1月号「展覧会レビュー」(サン・アート)
『アラザル』vol.3、2009 年「reviews by arazaru」(山本浩生・執筆)(HEADZ)
『ソトコト』2003年12月号「Escape Route」(木楽舎)
「千葉日報」2005年11月7日、17日(千葉日報社)、他

坂内美和子連絡先
miwasaka0712@gmail.com http://arts-am.com






up▲
 back to home▼