TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
田中明子 展
Akiko Tanaka
 
 
2019年11月4日(月)〜11月10日(日)
12:00-19:00(最終日-17:00)
※無休
 
  Artist's Comment

人間に近く生きていくことを余儀なくされた生き物は
不自然に生きることを要求される。
例えばペット。
最も基本的な面では生殖。
犬も猫も去勢されることは一般的だし
鳥も発情抑制に苦慮している。
死んでしまうと何のために苦労させたのかと後悔に苛まれる。
先日亡くなった猫は、最期は食べることができなくなったが
腹はすかせていたため、食べられそうなものを求めて方々を彷徨った。
一舐めしただけで終わってしまう食事。
とうに去っていくべきものを繋ぎ止めることに執着し、
我々が彼らに求めているものは何なのか。

今自分が生きる社会の人間もまた同じ。
生殖も自らコントロールし、
流されるままに死ぬこともできず、
しかし確実に、階段を降りるように寿命はやってくる。
最期に意識を失ったまま病院で管に繋がれている家族を見て
これは一体誰のための措置なのかと思うのだった。

一方で、映画「いのちの食べ方」では我々が口にする生き物たちが
生死をフルコントロールされている姿が描かれている。

そんな風に去っていった者たちにむけたポートレイト。

田中明子
http://tanakaakiko.nobody.jp/





略歴
1970 東京都生まれ
1994 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
1999-2000
「武蔵野美術大学パリ賞」を受賞、基金により一年間渡仏
 アーティストインレジデンス シテ・デザール(仏)
2007 アーティストインレジデンス ヴァーモントスタジオセンター(米国)
2010 数奇和賞受賞

個展
1996 ギャラリー中沢(東京)
1999 ギャラリー青雲(東京)
2000 シテ・アンテルナシオナル・デ・ザール(パリ、フランス)
2001 ギャラリー y & y(東京)
2002 AMRTA(東京)
2003 西瓜糖(東京)
2005「天上大風」 gallery J2(東京)
  「Almost Monotone」 西瓜糖(東京)
2006「Scenery」 gallery 坂巻(東京)
2007 西瓜糖(東京)
2008「In Watermelon Suger」西瓜糖(東京)
2009「Nest」 gallery 坂巻(東京) 
2010「ainigma」 art gallery closet(東京) 
2012 数寄和(大津、東京)

 





up▲
 back to home▼