TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
川西 紗実 展
Sami Kawanishi exhibition
 
8桟橋
 
2019年2月11日(月/祝)〜2月17日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※2/13(水) 休廊
 
 
  Artist's Comment


「私」とは土地のように感じます。

湖や森、海、砂漠、洞窟、浮島、様々な建物、空の上、色んな場所が一部しか見えませんが、身体の中で生きています。昼と夜があります。多くの人が無意識とか別の言葉や概念で呼ぶことと重なる部分があるかと思いますが、私は夜と呼びます。

昼と夜は巡り、夜が照らされたものは、もう昼です。夜を見ようとする試みの殆どが、弱い電灯を向けるようなもの。切り取ったら、もうその場所ではありません。夜は照らされずに作業されていて、知ることはできません。その時に全土のうち、昼はどこの地域で、誰が何をしているのか。

全土に属していないけど重要なものは、今は矢印と呼んでいます。多くの人の呼び名だと意図するとか意志でしょうか。向きと風があるものです。土地だけでは止まっています。矢印の向ける方向を正確にすることが重要だと感じています。矢印の向きは、全土とそこに居る人々の本音が影響しています。矢印は全土に属してはないけど、それらの向きに関して、全土の隅々までに参政権があります。

自分にできるのは、全体をすることだけです。

いつでもするのは全体全土で、大事なのは矢印の向き。見えるのは部分。

氷山の一角のようにその時見えている昼。今回は、それが、8桟橋です。行為は全体で、見えませんが夜は付いてきます。

8桟橋を物として成り立たせるのは、入れ子の箱の、一つ中の出来事です。ここで身体と物があらわれます。

どこか遠くのおとぎ話ではなく、今自身にリアルに起こっている出来事。身体があり、物があり、支えてもらうことに感謝し、一緒に作っていきます。








略歴

川西 紗実
1984年神奈川県生まれ。2007年上智大学文学部社会学科卒。SE、広報アシスタントを経て2014年制作開始。

2016
「THE LIBRARY 2016」トキ・アートスペース
「井戸~ 佐々木惠理・川西紗実展 」トキ・アートスペース

2017
「ガードレールはみちを見ている 川西紗実展」トキ・アートスペース






up▲
 back to home▼