TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

 
岩出まゆみ 展
Mayumi Iwade
 
2019年1月28日(月)〜2月10日(日)
12:00-19:00 (最終日17:00まで)
※水曜休廊
 
 
  Artist's Comment


 辞書によると、「絵画とは、線や色彩などを用いて平面上に描き出したもの。」と記されていて、具象絵画も抽象絵画も含まれる簡潔で上手い表現がなされています。正に、ミニマル・アートの真髄のような簡潔な説明です。
 私の作品は、1960年代に興ったミニマル-アートを意識して始めた訳ではない。装飾性を排除し、極限まで単純化された形を追求するミニマリズムの禁欲的な表現とは乖離したもので、ストライプの表現手段としての多様性を知り、タブロウとしてシリーズ化している。
 今回の作品は、繰り返される不規則な太さの線に、不規則に色を配し出来ていく面の層と、円などの基本図形の層が重層する構成作品ですが、決して計算されて出来た作品ではなく、探りながら進める感覚的な行為による作品です。
 私は、模糊とした感覚の行為がどこに行き着くか? 楽しみたい。







Stripe configuration on layers
(2018制作 45×45㎝ 麻布にアクリル着彩)

岩出まゆみ 画歴

三重県生まれ
1976  女子美術大学 芸術学部絵画科 洋画専攻 卒業

個展
1978  シロタ画廊(銀座)                
1980  並木画廊(京橋)
1989  銀座ブリックス画廊(銀座)
1990  ギャラリー モテキ(銀座)—→ ’90, ’94
1991  ギャラリー ミハラヤ(銀座)
1992  積雲画廊(原宿)
 ・  ぎゃらりい宏地(神田)—→ ’92, ’95, ’97
1993  ギャラリー福山(銀座)
1995  ギャラリー光彩(町田)
1997  ギャルリーヴェルジェ(相模原)—→ ’97, 2004
1998  ギャラリーGK(銀座)
2001  ぎゃらりー由芽(三鷹)—→ ’01, ’05, ’09, ’12, ’13, ’17
2003  巷房 1(銀座)—→ ’03, ’06, ’08
2010  巷房1/巷房2/巷房階段下(銀座)
2014  始弘画廊(南青山)
2015  ギャラリー f分の1(神田駿河台)
2019  トキ・アートスペース(神宮前)

団体展
1976 −’79 女流画家協会展 出品
・ −’85 自由美術協会展 出品
1979, ’81  自由美術協会 佳作賞受賞
1982  自由美術協会 会員推挙
1986  自由美術協会 退会
1991−2008 モダンアート協会展 出品
 ・   モダンアート明日への展望展 出品 —→ ’91−’96, 2002−’04, ’06
1993   モダンアート協会 会友推挙
1996   モダンアート協会 会員推挙
2006−’08 モダンアート協会 運営委員
2009   モダンアート協会 退会

グループ展 ほか
1980  ホアン・ミロ国際ドローイング展 ミロ美術館(スペイン/バルセロナ)
1984  現代精鋭作家展 つくば市民ギャラリー(筑波)
1989  現代精鋭作家展 銀座ニューメルサ(銀座)
1990  川崎平和美術展 川崎教育文化会館市民ギャラリー(川崎)
1991  日本画廊協会展 セントラル美術館(銀座)
 ・  日中現代美術交流展 船橋市民ギャラリー(船橋)
 ・  コンテンポラリー・アート・フェルティバル 埼玉県立近代美術館(浦和)—→ ’91−2003
1992  国際環境アート展 国立美術館(ポーランド/ワルシャワ)
1995  伊豆美術展 伊東市観光会館(伊東)
1996  朝日選抜精鋭作家展 アサヒアートギャラリー(銀座)
1998  FIVE EXPRESSIONS展 足立区勤労福祉会館プルミエ・ギャラリー(綾瀬)
1999  DAG JAPAN DAG VLAANDERN展 ラーテムI・C・Cギャラリー(ベルギー/ゲント)、始弘画廊(南青山)
 ・  KOREA・JAPAN ART FESTIVAL 松坡美術館(韓国/ソウル)
2000  新世紀現代美術展 足立区西新井区民ギャラリー(栗原)—→ ’00, ’01, ’02, ’03, ’04, ’09
 ・  Introduction展 ギャラリー絵夢(新宿)
2001  NOESIS / NOEMA展 山脇ギャラリー(市ヶ谷)、始弘画廊(南青山)
 ・  Sかるご展 三重県立美術館(津)
2002 「糸・紙・土」三人展 千駄木画廊(千駄木)
2005  現代美術4人展 銀座ACギャラリー(銀座)
2007  二人展 CHIBA画廊(中国/杭州)—→ ’07−’15
2013  色の美学形の詩学展 ギャラリー志門(銀座)—→ ’13, ’15, ’16
2014  個の視点 NTT YOUホール(群馬)
 ・  INTERNATIONAL ARTS EXCHANGE ASSOCIATION展(韓国/大田)—→ ’14, ’17
2015  個の視点 富岡市立美術博物館市民ギャラリー(群馬)
2016  G20中国杭州国際美術展 杭州市民ホール(中国/杭州)
 ・  二人展[岡村光哲氏と] ギャラリーれがろ(荻窪)
2017  表層の冒険−抽象のアポカリプス展 学校法人片柳学園ギャラリー鴻(蒲田)
 ・  木村林吉オマージュ展 ぎゃらりー由芽(三鷹)
 ・  二人展[日下賢二氏と]ギャラリー二桜舎(中央林間)
2018 INTERNATIONAL ARTS EXCHANGE ASSOCIATION展(モンゴル/ウランバートル)

  *そのほか ’80年以降グループ展に多数参加

コレクション
ワルシャワ市庁舎、高知医療センター、舘林総合病院、中国杭州CHIBA画廊、中国杭州銭江国際美術館 *そのほか個人蔵多数








up▲
 back to home▼