TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2018企画シリーズ
"Bring forward" Vol.7

社会の光景を当たり前とせず、
その現象や制度について検証して行く。
一年を通して7人の個展。

中前寛文 展
NAKAMAE HIROFUMI
 
存 在 の 行 方 2018
The future of the existence
 
2018年12月10日(月)ー12月23日(日)
12:00〜19:00 (水曜休廊 最終日は17:00)
12月15日(土)17:00ー レセプショントーク
 
 <作家コメント>


1995年の"Requiem"展、2013年の”FictionalTourismシベリアへのプロローグ”展を経て、今回の”存在の行方 2018”展へ。2016年夏、東シベリアへ向かう旅先で収集した、記録や資料をもとに空間構成する。旅のアイテムとして持ち歩いた紙片は、憲法九条のロシア語訳だ。それは、バイカル湖の澄んだよどみで、たゆたゆと、シベリアの光を受けてこだました。
















【略歴】 
1979  京都市立芸術大学美術学部卒業
現在  大阪在住
作家hp:http://hirofuminakamae.com/

ー近年の活動ー
1995 Requiem (ベルギャラリー 大分)
2001 グローバルか反グローバルか(TOKI Art Space 東京)
2013 FictionalTourismシベリアへのプロローグ(CAS 大阪)
2015 The future of the existence "存在の行方" (CAS 大阪)
2016 かがわ・山なみ芸術祭(香川)
2018 固体-液体の臨界点はまだ発見されてない(SWIDソウル )

 







up▲
 back to home▼