TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.12:00-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

<画廊企画>

”House on the sea”
加藤亮 Ryo Kato /中村洋子 Yoko Nakamura
 
2018年5月1日(火)〜5月13日(日)
12:00〜19:00 (最終日は17:00)
※会期中無休
 
 <作家コメント>

“House on the sea”
《壁のペンキは少しずつ剥がれ、海面近くから錆が出て崩れ始めている。引っ越してきたときよりも色がずいぶん変わったようにも思える。嵐の日には、開いた壁の間から雨水や海水が入り込み床を濡らしている。キッチンのシンクにも少しずつ錆が出てきている。私の家は海の上にあるのだからしょうがない。》
「人間とは自分を動かす衝動をたった一つ持っているだけだ―その衝動とは自分を満足させようとすることである」(マーク・トウェイン “人間とは何か”)
母性とは何だろうか。自身から生み出したものをただ受容することではないか。
2人の作家による“他者⇔自身”“浸食⇔受容”を巡る展覧会です。

 








2018 ”House on the sea” 
加藤 亮/ 中村洋子


2016<生への言祝ぎ>大分県立美術館 撮影
中村洋子



“この物語の結末は死ではない” ヨコハマアパートメント 2016
加藤亮

略歴

加藤亮 Ryo Kato

1978.11 愛知県生まれ

2007 博士後期課程 研究発表展 武蔵野美術大学図書館
2008 個展 “なぜ会いたいと思うの?“ exhibit Live & Moris 銀座
2008 P&E 2008 ARTCOURT GALLERY 大阪
2008 群馬青年ビエンナーレ2008 群馬県立近代美術館
2008 THE NEXT Gallery Stump Kamakura 鎌倉
2009 ARTS CHALLENGE 2009 愛知芸術文化センター
2009 個展 “envelope 3” GFAL 武蔵野美術大学
2011 ねんどやきもの劇場 金沢21世紀美術館
2012 個展“なにかのためになにかが作られるのか?” 館・游彩
2016 個展“この物語の結末は死ではない” ヨコハマアパートメント


中村洋子 Yoko Nakamura

1950 金沢市生まれ

[主な個展]
1989 <雲に飛ぶ>ギャラリーサボア・ヴィーブル/東京
1997 <渇きつつある繁殖体>青山スパイラル(show-case)/東京
2000 <浮遊体ー外へー>目黒区美術館(courtyard)/東京
2007 <僅かな相違点>中京大学アートギャラリー C・スクエア/愛知
2011 <想定外とは言ってほしくない。ーハトと豆って。ー>ギャラリー・ルデコ/東京

[主なグループ展]
2001 <見えない箱からの鋭い叫び展>目黒区美術館
2005 <The 40th International Ceramic And Sculpture BOLESLAWIEC 2004> ポーランド,チェコ
2006 野外展<雨引の里と彫刻 2006>桜川市・茨城 (2008,2011,2013,2015)
2009 <International Project 2009 WOMAN POWER>Hanjoen Art Center/韓国
2016 <生への言祝ぎ>大分県立美術館








up▲
 back to home▼