TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

神野八重子 展
YAEKO JINNO
「転換溝を過る穴」
 
2017年10月2日(月)〜10月15日(日)
11:30-19:00 (最終日17:00まで)
 
 <テキスト>


 「自己とどう向き合うのか」

 これらの作品の題名である「転換溝を過る穴」を鑑みると、描かれた作品への、作者の意図は、あまり考えられない。ただ「今日」の「私」である作者自身を、ありのままに表出した作品に初めは思えた。
 いままでの作品のなかで、素直にそして十分に自己を表出している作品ではないだろうか。私が初めて神野八重子の作品を語ったのが、2004年であった。それから13年が今たとうとしている。そうした中で、今回の作品を見ると、作者はやっと自分自身と向き合ったように思える。否、今までも自己との向き合いの中からしか、作品は生まれて来てはいないのだが、自己の取り上げ方が、幼い作者を規定する実家との関連を語ったり、作者と生活をした夫などの視点から見つめることが、作品のモチーフとして表れていた。つまり作家と関わる日常をモチーフとすることで、作家の位置付けを作品として成立させるものであった。

尾崎眞人(美術史家)カタログ序文を抜粋





個展
1996 ギャラリー・イセヨシ(東京)
1997 ギャラリー・イセヨシ(東京)
1999 フタバ画廊(東京)
2001 フタバ画廊(東京)
2002 ギャラリー山口(東京)
2004 ギャラリー山口(東京)
2005 トキ・アート・スペース(東京)
2007 トキ・アート・スペース(東京)
2008 トキ・アート・スペース(東京)
2010 トキ・アート・スペース(東京)
2013 トキ・アート・スペース(東京)
2015 トキ・アート・スペース(東京)
2017 トキ・アート・スペース(東京)

グループ展
'03 Art Jam、 '04 Art FIELD出版記念展、
'04 Art Jam、’06 The 4th PROGRAM OME
'07 セルビア年賀状展
’08表層の冒険者たち、 '10 不定形身体展、ほか
’17 八色の森の美術展 池田記念美術館(新潟)

素材
パネル、硫酸カルシウム、シルクスクリーン、アクリル、岩絵具、オイルバー、蜜蝋、絽布


up▲
 back to home▼