TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2017企画シリーズ
"Solid Willl" Vol.3

感覚すら消費の対象となる世代にあって、自らの意識を見失うことなく力をつけて行く。1年を通して7人の個展。
重松 希 展
Nozomi SHIGEMATSU
 
「光と光景」
 
2017年6月12日(月)〜6月25日(日)
11:30〜19:00 (最終日は17:00)
※6月14日(水)、6月21日(水)は休廊
<展示内容>  鉄の立体、ドローイング
 <コメント>

たんぽぽが光のように感じられた季節は
終わってしまったと思っていたら
あじさいが出てきた。
ほのかに浮かび上がる。

旬のものは光となり、その道を照らしていく存在なのかもしれない。
春夏秋冬に渡り、光を追いかけることにした。




「curtain」2015 鉄


「かぜのかたち 3」2015クレパス、トレーシング・ペーパー


「雨」2016 鉄

プロフィール
1977 福岡県北九州市で生まれる
2006 武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了
北九州市在住、制作


個展
2004 Hot supper 〜温かい食事展〜 喫茶シントン(東京)
2005 魚時間 Time of fish ギャラリーアルテ(香川)
2006 重松希魚描展 喫茶シントン(東京)
空の鯨 トキ・アートスペース
回遊-Migration- ギャラリーy.(東京)
2007 魚の絵と鉄の彫刻展 直方歳時館(福岡)
MARKET トキ・アートスペース
2008 重松希魚描展 アクロス福岡ホワイエ(福岡)
The Stream of Clouds 旧百三十銀行ギャラリー(福岡)
2009 on the ground Capi gallery (山口)
2010 千草ホテル中庭プロジェクト
-アート・ホスピタリティ-vol.7
「水の流れ・伝う音」 千草ホテル(福岡)
浸透水 トキ・アートスペース
2011 Green zone トキ・アートスペース
2012 透徹する地平 Art Space貘(福岡)
2013 「その年の夏休み」重松希写真展 Gallery YANYA(福岡)
解き放たれる<場> トキ・アートスペース
2014 そらをみる 直方谷尾美術館 ミニギャラリー電話室三八番(福岡)
ゆきつもどりつ Gallery YANYA (福岡)
2015 風と情景 トキ・アートスペース
風と風景 アートスペース貘
2016 水と情景 アートスペース貘

グループ展・コラボレーション

2000 小平野外アート展 (〜2004) 小平市立中央公園(東京)
2002 環展2002Part2‐平面による‐ アートギャラリー環(東京)
繭 BLUE(東京)
2005 白と青とまんまる色 アートブックアルテリア(東京)
2007 セルビアはいかがでしたか?
Kako je bilo u Srbiji? 現代HEIGHTS Gallery Den、トキ・アートスペース(東京)
2008 筑豊アートシーン 直方谷尾美術館(福岡)
2009 opening exhibition Capi gallery (山口)
みなと廻廊展 (〜2010) 旧門司税関(2009)、旧大阪商船(2010)(福岡)
2010 展days えとひと 下関市立美術館 (山口)
2011 作家達の作品展 (〜2014) Capi gallery (山口)
2013 あけまして たのげい。 key(福岡)
2014 メタルズ!-変容する金属の美- 北九州イノベーションギャラリー(福岡)
「おしゃれなおしゃれな魚屋さん」
カフェナギコバスキ×重松希 @アートでツナガルふうじ市 伊田商店街(福岡)
2015 被爆70年を考える現代美術展 RINGART P&L   長崎歴史文化博物館2F回廊(長崎)
揺らぎの美術工芸展          旧門司税関(福岡)
2016 六日間商店街 in key    key
2017 MONOCHROME SHOW vol.3 白と黒の間に   WALD ART STUDIO(福岡)

ワークショップ

2008 「川でつなぐものがたり」 遠賀川水辺館(福岡)
2013 「風鈴を作ろう!ひんやり鉄くずで作る、涼しい音色」 田川市美術館(福岡)
2014 「活きのいい魚をつくろう!」@アートでツナガルふうじ市 伊田商店街(福岡)
2016 「おいしそうな魚にしよう♪」  @六日間商店街  key (福岡)

website







up▲
 back to home▼