TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

藤江 民 展
Tami Fujie
 
生成絵画
 
2016年4月18日(月)~5月1日(日)

11:30〜19:00(最終日17:00 まで

※水曜休廊
作家在廊日 4/18・19・29・30 5/1
 
 <コメント>

見えないことを見るということ

大判の雲肌麻紙に油絵具のタッチを写し取り、あるいは和紙の表面を剥がしさらに描きます。画面の大きさのなか身体的な強い圧力により絵具を和紙に滲みこませ、和紙を剥がした部分は薄く光を透かします。絵画は大部分で予測不可能に進行していきます。驚きと新鮮さとともに様々な方向に意識を展開させてくれる絵画を求めています。絵画を描く(見る)ということは見えないことを見るためにこそあるからです。以前は「使う絵」と題し、その後「生成絵画」と題して、向けられる視線とのかかわりの中で生成を目指します。見ることの鋭敏さに耐えうるものかどうか。ご高覧いただければ幸いです。

藤江 民






生成絵画 VIII 雲肌麻紙 油絵具 220×275mm 2015年


生成絵画 VI 雲肌麻紙 油絵具 和紙裏打 220×275mm 2013年





藤江民略歴 富山市在住

1972-6 東京版画研究所で、刷師・故女屋勘左衛門にリトグラフの指導を受ける。
1973 明治大学文学部仏文学科卒業
1975 第43回日本版画協会展[この年新人賞受賞]

----1977年までは版画(リトグラフ)だけによる発表。
----これ以降の発表は和紙にオリジナル手法で制作した絵画、キャンバスに描いた絵画の発表が主体です。

1978 第12回日本国際美術展(東京都美術館他)  <富山へ転居>
1979 現代芸術研究室個展(東京)
1981 「81富山の美術」展(富山県立近代美術館、84,86.88.90,91出品)
1982 村松画廊個展(東京)
1984 村松画廊個展(東京)
1985 ギャラリー手個展(東京)
1986 ギャラリー手個展、調布画廊個展(東京)
第54回日本版画協会展(準会員賞受賞、以降93年まで会員出品)
1987 ギャラリーなつか個展(東京)
1991 アートサイト個展(福井)、調布画廊個展(東京)
アートイベント砺波91(アートスペース砺波)
表現の自由を考える有志展(富山市民プラザアトリウム)
1992 村松画廊個展(東京)、ギャラリーナウ個展(富山)
1994 村松画廊個展(東京)
CONTEMPORARY ART94(福井 今立芸術館)
ART EDGE94(企画=(財)富山市民文化事業団)
1999 富山市民プラザアトリウム個展
2000 「とやま 版―越中版画から現代の版表現まで」(富山県民会館)
村松画廊個展(東京)
2001 「越境する女たち21」(東京・ヒルサイドフオーラム)
2002 マイルストンアートワークス個展(富山)
2006 ギャラリー福果版画個展(東京)
2004 マイルストーンアートワークス個展(富山)
2013 太閤山アートビエンナーレ2013
studio exhibition vol.3
2015 太閤山アートビエンナーレ2015




up▲
 back to home▼