TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら


大友一世 展
Kazuyo Otomo

2015年3月2日(月)〜3月8日(日)
11:30-19:00
(最終日17:00まで)

※水曜休廊

 <作家コメント>

色彩の世界に生まれ、色を認識し、色に触れる日常に悦びを。

〈具象絵画は形があるものが描かれているのでわかる。抽象絵画は形がないのでよくわからない〉

 これは作品を描いていく上で長年疑問に思う言葉です。双方絵画であることは真実ですが、描かれている形が明確なものだけ迫真性があるとは限りません。リアリティーとは何か。絵画表現を行う上で突き当たる問題です。描き手はどの瞬間、何を見て何を行い現実性を実感するのでしょうか。

 目の前の色彩を放心状態で眺めている時もありますが、具体的に絵具を頭の中で思い浮かべ混色を行う事で外界と繋がる生のリアリティーを感じます。目に見えない空気や季節を感じながら色を作る事もあります。夏の夕焼け空を見て頭の中でライトレッドとモーブブルーシェードを混ぜてグラデーションを作ることもあれば、真冬の午後の雲を見てバイオレットグレーにレモンイエローを足した色とプルッシャンブルーを混色するという様に頭の中に使用している絵具の色を記憶し、日常的に色彩を作る事を行っています。色を記憶させる為に写真やスケッチをする事もありますが、なるべく初見の印象から遠ざからないように心掛けています。

 色を見つけながら混色していくと最終的に完成した作品が黒くなるかもしれないと思うことがあります。絵具を使うことは減法混色と切っても切れない関係です。常に色を見つけた時の印象からぶれないように濁らせるというよりもより深みのある色彩を生み出していきたい。

より深く色彩風景を見つけてもらえることを願い、絵画表現で色のリアリティーを探求続けます。

komatsu

komatsu


略歴
1982 京都府に生まれる
2007 京都嵯峨芸術大学大学院芸術専攻造形絵画修士課程修了
東京都在住
個展
2005 ギャラリーはねうさぎ(京都)
2006 ギャラリーはねうさぎ(京都)
2007 Art STYLING Pepper's output Project(東京)
2008 TOKI Art Space(東京)
2010 TOKI Art Space(東京)
2011 「SAGA DASH AWARD」MATSUO MEGUMI+ VOICE GALLERY pfs/w(京都)
2013 TOKI Art Space(東京)
2014 MATSUO MEGUMI+ VOICE GALLERY pfs/w(京都)
グループ展/公募展
2005 「京展」入選 京都市美術館(京都)
2006 「PRIVATE PROJECTV」Pepper's Garelly(東京)
2007 「第 28 回国際インパクトアートフェスティバル」京都市美術館(京都)
「LAVOIZ2007」京都市美術館別館 2 階
「芸術センター記念絵画公募展」入選 東京芸術センター(東京)
2009 「相貫するまなざしII」TOKI Art Space(東京)
2009 「brilliant wing2 展」アートコンプレックスセンター(東京)
2010 「ビエンナーレうしく第三回全国公募絵画展 2010」入選 (茨城)
2014 「CONSTELLATION 2014- 星座的布置展 」-上野の森美術館(東京)
2014 「溌光態」東京都美術館ギャラリー A・C(東京)
2014 「Young Creators Selection 2014 Vol.1」MI gallery(大阪)
2014 「京展」入選 京都市美術館(京都)
2014 「報美社15周年記念グループ展」アートコンプレックスセンター(東京)



up▲
 back to home▼