TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら


カリン・ピサリコヴァ 展
Karin Pisarikova
「Going home 」

2015年 1月26日(月)〜2月1日(日)
11:30-19:00
(最終日17:00まで)


カリン・ピサリコヴァはチェコ共和国出身のアーティストで、母国ブルノの美術大学を卒業し、現在は日本に在住し多摩美術大学大学院博士課程に在籍している。

彼女の表現活動の多くは、身体の肉体的側面と心理的側面、アートと人生の境界の曖昧さをテーマにしている。そこでは、他者と繋がる過程やそこに生まれる対話も作品の一部となり、しばしば最終的な結果よりも重要なものとなる。また、時として彼女の作品は、皮肉やユーモアをもって現実に疑問を投げかける。

鑑賞者の参加、他者とのコラボレーション、サイト・スペシフィックのプロジェクトから得たインスピレーションをビデオやインスタレーション、パフォーマンスなど、様々なメディアを用いて作品化している。
インスタレーションでは、身体に関する素材―例えば毛髪など―がしばしば使用される。彼女はその儀式的な意味や曖昧さ、美しくも汚らわしくもあるという両義性に魅了されているのだ。

ピサリコヴァは日本、イタリア、アルゼンチン、米国、チェコ共和国で作品を発表していし、複数のレジデンス・プログラムに招聘され、チェコ共和国教育省やチェコセンター東京 などを含む複数の団体から助成を受けるなど、精力的に活動するアーティストである。2008年には、ギャラリーUmakartを設立し、非商業ベースのパフォーマンスやビデオ・アートを紹介している。

 

今回のGoing Homeは、身体と存在の起源としての"home"をテーマとする展覧会のシリーズである。デカルトは精神と物質の分離を唱えたが、ピサリコヴァは自然との調和、人々の運命に関心を抱く。同展覧会は、ある境界線に差しかかったときにのみ明らかになる、世界の母体と人を繋ぎ止める不可視の絆についての提示である。

komatsu



カリン・ピサリコヴァ (1981年チェコ共和国生まれ)


学歴
2012- 多摩美術大学博士課程在学中
2010-2012 多摩美術大学修士課程
2000-2006 Faculty of Fine Arts VUT修士課程(チェコ共和国ブルノ)
個展
2014 Going Home トキ・アート・スペース(東京都)
2014 カリン・ピサリコヴァ Gallery SHADDY(栃木県)
2012 ホーリー・ホーム ギャラリー零hachi(東京都)
2010 She said she liked the ocean… 大阪府立現代美術センター(大阪府)
2009 アフター・シェイヴ 人形町ヴィションズ(東京都)
2009 OXOX ガレリア表参道(長野)
2008 黒い海と褐色の真珠 人形町ヴィションズ(東京都)
2008 The House ウマカート・ギャラリー(チェコ共和国)
グループ展
2014 Mlade setkani The Hodonin Gallery of Fine Arts(チェコ共和国)
2013 Transmissions Airplane gallery(米国ニューヨーク州)
2013 IDD展 アートコンプレックス・センター(東京都)
2011 First CEI Trieste Exhibition of Contemporary Visual Art (第54回ヴェネツィア・ビエンナーレの企画展)
2011 Human-Non-human ヘルマン・ニッチェとの対峙または対話 Reduta(チェコ共和国ブルノ)
2011 Home, Sweet Home 多摩美術大学(東京都)
2010 チェコ共和国のビデオアート Czech-Argentinian Technology Days (アルゼンチン)
2010 Independent Film & New Media Art ANEMIC festival(チェコ共和国プラハ)
2010 まつしろ現代美術フェスティバル(長野県)
2010 The Unidentified Body トキ・アート・スペース(東京都)
2007 Ein Kessel Buntes c2c gallery(チェコ共和国プラハ)
2005 Je désire, AAAD gallery(チェコ共和国プラハ)
2004 Body design Design Centre of the Czech Republic(チェコ共和国プラハ)
滞在制作プログラム
  WATARASE Art Project 2014(群馬県)
  Guest Room Maribor (スロベニア共和国)
  吉原治良賞記念アート・プロジェクト 大阪府立現代美術センター(大阪府)
  アーティスト・イン・レジデンス善光寺界隈(長野県)



up▲
 back to home▼