TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら


羅府夢衆 展
 
LAFMS (Los Angeles Free Music Society) and Their Friends in Slow Life Avant-garde

2014年8月21日(木)〜8月24日(日)
11:30-19:00
(最終日16:00まで)
※会期中無休

 作家名

Chip Chapman, Sue Chapman, John Duncan, Ace Farren Ford, Juan C. Gomez, Joseph Hammer, Doug Henry, Michael Intriere, Krystine Kryttre, Paul McCarthy, Dennis Mehaffey, Fredrik Nilsen, Joe Potts, Rick Potts, Tom Potts, Tom Recchion, Ju Suk Reet Meate, Jonathon Rosen, Takuya Sakaguchi, Jackie Stewart, Steve Thomsen, Vetza
※作品を展示あるいは映像に登場する作家 (アルファベット順)

 イベント

なお 8 月 23 日には下記の催しを行います。
A. "Orchestra Le Matin" による LAFMS の映像を映写しながらの演奏
時間は 13:00 ~ 15:00
メンバー (アルファベット順)
橋本孝之 / 康勝栄 / 美川俊治 / 冷泉 / 清水沙 / 内田静男

B. LAFMS の過去と現在についてのトーク・ショー (日本のアンダーグラウンド音楽との関連についての話題を含む)
時間は 15:15 ~ 16:45
参加者
前記演奏者の方々 / 竹田賢一 / 藤本和男 (別名・第五列の GESO さん) / 生悦住英夫 (PSF Records) / 坂口卓也

C. LAFMS の CD ボックス “The Lowest Form of Music” (1996 年) に参加した向井千恵と河原淳一による演奏
時間は 16:55 ~ 18:00

 コメント

1972 年から現在まで。日常に前衛を融合させてしまうユル~い音楽共同体 LAFMS こと Los Angeles Free Music Society とそのフレンズの展覧会を催します。タイトルにある 『羅府夢衆』 とは私の勝手な造語。米国日系人の方々が用いる 『羅府』 を基に造りました。それは Los Angeles を表す言葉となります。"Dreamers" を意味する夢衆をそこに融合しました。その結果として羅府夢衆はロサンジェルスの夢見人達を表します。発音は 『ラフムス』。もちろん LAFMS の方々を指しています。それに留まらず彼らの精神的友人をも含むでしょう。

会場の TOKI ART SPACE は 1977 年と 79 年に LAFMS の中核である Joe Potts の個展を当時銀座に在ったルナミ画廊で催すことに尽力されたトキ・ノリコさんの画廊。この場所で展覧会を行わせていただくことは歴史的な意味をも含んでいます。

ここで展示いたしますのは LAFMS のメンバーとその友人らによる作品群。コラージュ、ペインティング、ドローイング、写真、映像、レコードおよびカセットなどの出版物。これら新旧とりまぜた作品を展示すると共に LAFMS の音楽と映像を常時紹介するなど濃厚ながらユル~く進行いたしますのでご期待ください。なお映画については決まったタイム・テーブルはありません。- 文章:坂口卓也

 














up▲
 back to home▼