TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら


大山純平 展
 Jumpei Oyama
「 擬人法 」

2014年4月21日(月)〜4月27日(日)
11:30-19:00
(最終日17:00まで)
※水曜休廊


 <作家コメント>

人間を人形のように見ること。
人形を人間のように見ること。
写真は人間を擬人化する。これは寓話である。

洋間に入り、机の上のテレビのリモコンを取り、テレビのスイッチを切った。
机の横のリクライニングベッドには要介護レベル4の祖父が眠っている。
祖父は首を傾けて口を少し開けている。口の端から顎にかけて唾液が流れ白く乾いている。
私はリモコンの発信部を祖父の顔に向けてボタンを押す。
「ON、OFF、↑、↓、←、→、1、2…」
「11」の時に祖父の目が少し開いた。「12」を押すと祖父の目が閉じた。
私はリモコンを目の前に掲げフローリングの床の上に落とした。
リモコンの後部のカバーが外れ電池が1つ飛び出して転がる。祖父の目は開かない。

私が自宅に帰る10分前に飼い犬が吠え始めると祖母が言っていた。
犬の感覚機能は生きていく上で必要なものに対してはより敏感である。
私は飼い犬の散歩をする。飼い犬は散歩中に糞を見つけると息を荒げて私を引っ張り糞の臭いを嗅ぐ。
私はリードを強く引っ張り犬を糞から遠ざける。
別の日、私は煎餅を3枚持って袋に入ったまま手で握り潰し、
その欠片を5歩間隔で自宅から自宅の前の公園にかけて1つずつ置いた。
私は飼い犬を犬小屋の紐から放った。
飼い犬は自宅の駐車場に置かれた煎餅の欠片を吸い込むと、
その次に近い煎餅を吸い込みながら公園の方へ歩いていった。私も飼い犬の跡を追った。
最後の煎餅を吸い込むと飼い犬はその近くに乾いた糞が置いてあることに気付き
糞の臭いを嗅ぐとそれを吸い込んだ。
数ヶ月経ったある日、私が自宅に帰ると庭に母が立っている。母の前には大きな段ボールがあり、
その中を覗くと毛布に包まれた飼い犬が目を閉じて丸まっている。
飼い犬は私のことに気付いたのか目を少し開けると「シュー」という音を発し口を開けた。
口の中には黒く小さな虫が舌の上に無数に整列していた。母は段ボールにガムテープで封をした。
飼い犬も黒く小さな虫も生きているのか死んでいるのかわからない。




komatsu
Jumpei Oyama



作家略歴
愛知県生まれ
金村修ワークショップ参加

個展
2010 「Stars & Stripes Forever」OGU MAG
2011 「Shock Corridor」gallery mestalla
「Theodore John Kaczynski」現代HEIGHTS
2012 「Third Order」gallery mestalla
2013 「白痴」 トキ・アートスペース





up▲
 back to home▼