TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら


「存在の場所」Place of Existence

2014年3月10日(月)〜3月16日(日)
11:30-19:00
(最終日17:00まで)
※水曜休廊


 参加作家

天野雅景(京都)http://masahiroamano.net
君平(京都)
大江司(東京)
風間天心(北海道)http://www.tengshing-k.com
吉田重信(福島)http://shigenobu-yoshida.com


 内容

写真、立体作品 他

 トキ・アートスペースから一言

福島在住の吉田重信さんを中心に諸ジャンルの作家が各地から参集し、今までも各所で開催している。その展示を見て、トキから今回の3月での開催を依頼した。








作家略歴 天野雅景
天野雅景は、京都在住の写真家兼クリエイティブディレクター。独学にて、写真と美術を学ぶ。00年渡独後京都に移住し、その翌年に開催した関西ドイツ文化センター京都(現 ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ 鴨川) での個展を皮切りに、本格的な芸術文化への活動を展開。03-05 年企業メセナ活動のため、展覧会事業におけるクリエイティブディレクターを兼任。2012年3月に雅景錐(コマーシャル/ノンプロフィットを両立するアー トスペース)を設立、国内外の企画に従事する。作品のテーマとして、日常の視点及び20、21世紀の写真の概念を軸とした作品の追求。代表作に、”窓から の視点”シリーズや”争いを見る見解”シリーズがある。近年、写真作品の発表にとどまらず、美術作品の発表も行い、これまで国内外にて100企画を超える多数の発表や展覧に携わる。近年の主な展覧会に、「FOREIGN AFFAIRS -Five Artists from Japan」(マサチューセッツ|USA、2013年)、「Kyoto Shinpuhkan Photography 2013/Solo exhibitions of Four photographics( The viewpoint from a window, NY )」(新風館|京都、2013年)。国際展「窓の表面」2009-2019 チーフキュレーター。甲南女子大学文学部メディア表現学科非常勤講師。

作家略歴 君平(KUMPEI)
1974 名古屋市生まれ
1998 成安造形大学造形美術立体造形クラス卒業
2001 筑波大学大学院芸術研究科総合造形コ−ス終了
展覧会  
2010 IWAKI ART トリエンナ−レ2010 草野ホ−ル/福島
2011 「君平展−熱のドロ−イング」成安造形大学【キャンパスが美術館】/滋賀
2012 「自然学SHIZENGAKU−来るべき美学のために−」滋賀県立近代美術館/滋賀
2013 「氣韻」GALLERY ARTISLONG/KUNST ARZT/京都
「The Responsive Eye展」海岸通ギャラリ−・CASO/大阪
「君平展」心斎橋ART Lab LOGIQ/大阪
2014 「Pilot plant展/ドロ−イング」展 特定非営利活動法人キャズ(CAS)/大阪

作家略歴 大江 司
1986年兵庫県生まれ 東京在住
大阪芸術大学 工芸学科(2004−2008)
Chelsea College of Art and Design(2008−2011)

最近の展覧会
2012年「レトイル・ミックス」 F Cave(京都)
   「氣韻-KIIN」 KUNST ARTZT、Gallery Artislong(京都)
   「青物-AOMONO」 Studio 1-8-5(東京)
2011年「Degree Show」 Chelsea College of Art and Design(ロンドン)
    「HITACHI Consulting Exhibition」 HITACHI(ロンドン)

作家略歴 風間天心
現代美術家。僧侶。2006年、岡本太郎現代芸術大賞展(TARO賞)に入選。2008年、武蔵野美術大学大学院を修了。同年、曹洞宗大本山永平寺にて修行。2010年、武蔵野美術大学パリ賞によりパリ国際芸術都市に滞在。「宗教と芸術」の相互作用を研究しながら、巨大な野外作品や伝統作法を取り入れた表現など、国内外で多様な活動を続けている。近年の展覧会、2013年「えねるぎい ふぉ あす」ヒルサイドギャラリ−、「Ezotic ART」東京都美術館。

作家略歴 吉田重信
1980年代後半から活動を始める。1991年いわき市立美術館で自然光の作品「Infinte Light」を発表後、水戸芸術館・宇都宮美術館・広島現代美術館・川村記念美術館・目黒区美術館・岩手県立美術館・東京都写真美術館等にて作品を発表。2011年3月11日の東日本大震災直後の5月に立体ギャラリ−射手座(京都)にて、祈りの菊1000本を使った作品「臨在の海」を発表する。その他、東京・京都・大阪を中心に個展及びグル−プ展を開催している。





up▲
 back to home▼