TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

山本 耕一 展 Kouichi YAMAMOTO

GALLIA ARACHNENSIS I〜V
(ガリア・アラクネンシス  I〜V)


2013年7月15日(月)〜7月21日(日)
11:30〜19:00 (最終日17:00まで)
※無休


 <作家コメント>
(カエサルの『ガリア戦記』をアラクネ化する、おそらく世界
ではじめての試みです。

『ガリア戦記』は、ユリウス・カエサルが、自身が司令官と
して戦ったガリアでの諸民族との戦闘を克明に記録したもの
で、古来からラテン語の文章のお手本とされてきました。
この『ガリア戦記』の原文のラテン語をアラクネ化、すなわ
ち一筆書きで作品化してみました。

なぜ、『ガリア戦記』なのか……理由は自分でもよくわかり
ませんが、インターネットでラテン語原文をみつけたときに、
なぜか、むらむらと「アラクネ化してみたい!」という気持
ちが湧いてきて、やってしまいました。

『ガリア戦記』がなぜ具合がいいのか……これは、やはり、
このテキストの「孤立性」にあるのではないか。つまり、テ
キスト自体の遺伝子がかなり特異で、他のものと比べて明ら
かに屹立している……もっとも、私はそっちの方(文献学?)
の専門家ではないので、単に私が「屹立している」と思って
いるだけかもしれませんが……とりあえず作品ができたの
で、並べてみます。

詳細は、以下のサイトでどうぞ。
http://icanology.sakura.ne.jp/gapaxworkfiles/gapaxtop.html
★今回は、このサイト↑に掲載の65 枚の原画にあと100 枚
くらいの作品を追加して展示する予定です。

This may be the world's first trial to arachnize
"Commentaries on the Gallic War" of Caesar.
"Commentaries on the Gallic War", as well known, is a
detailed record of the fight in Gaul, and in this war, Caesar
himself was the commander, and he fought against many
races in Gaul as the representative of the Roman republic.
And this book has been used as a very good example of the
sentence of the Latin for a long time.
I wanted to arachnize sentences of this book. That means, I
draw some sentences or words of this book in one line.
 
ALIAM AQVITANI(他の一部にはアクィーターニー族が)


IPSORVM LINGVA(彼ら自身の言葉で)


CELTAE(ケルト人と)

略歴
1949年、京都市に生まれる。現在、愛知県在住。
1997年より、東京(トキ・アートスペース等)、名古屋(ガレリアフィナルテ等)、京都(ギャラリー燿)で個展十数回。 グループ展多数。

作品ホームページ
http://icanology.sakura.ne.jp/




up▲
 back to home▼