TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

大山 純平 展 Jumpei OYAMA

白痴

2013年4月1日(月)〜7日(日)
11:30〜19:00 (最終日17:00まで)
※4/3(水)は休廊


 <作家コメント>

起床して2階から階段を下りて1階へ行くとトイレのドアが開けっ放しになっている。
祖父が四つん這いの状態で後進してトイレから出てきた。
祖父はトイレに入る時ドアを閉めないので排泄物の臭いが充満してしまう。
洗面所から出てきた母はトイレの換気扇のスイッチを入れて消臭スプレーを撒いている。
排泄物の臭いは完全には消えずに消臭スプレーの臭いと混ざり合う。

砂丘へ行く。
車で2時間ほど走り、砂丘の近くの駐車場に車を停める。
駐車場から砂丘の方を見ると、白地に赤く「せ」と書かれた四角い凧が揚がっている。
砂丘の入口から海の方へ歩く。
途中で砂の上に落書があるのを見つけた。
頭部が大きく身体が小さい女の子2人の間に犬が1匹描かれている。
2人と1匹は目を細め口角を上げて同じ様な表情で笑っている。
海岸に近づくと、紺色の着物を着た男の人を乗せた馬が走っていた。
何かの撮影の様だったが、カメラを持っている人は居なかった。
馬が男の人を乗せて繰り返し一定の距離を走り、また一定の距離を歩いて戻っていた。
海岸から陸の方へ振り返ると駐車場から見えた凧がまだ揚がっている。
凧は左右に揺れずに安定して空中に浮かんでいる。
凧の糸も凧を揚げている人も見えない。

家に帰ると、母がカレーを作っていた。
祖父と祖母の分は途中で鍋を別にして牛乳を混ぜる。
私はカレーを食べ終えて、洋間へ行く。
祖父の机の上にはまだカレーが在り、1口か2口食べただけでスプーンを置いて、
座椅子に腰を掛けたまま頭を横に傾けて眠っている。
私がテレビのスイッチを点けてリモコンでチャンネルを変えていると母が洋間に来た。
母は祖父を起こして、スプーンで冷めたカレーとご飯を掬い、祖父の口の前に差し出した。
祖父は口を開け、スプーンに乗っているカレーの上の部分だけ削ぎ取るように口の中に入れた。
祖父はカレーを食べさせられている間、真直ぐ前を見つめている。
私は祖父にテレビを見ているか確認したが、
「見てない。」とカレーを咀嚼しながら祖父が言うのでテレビのスイッチを消した。

 
hakuchi

hakuchi

hakuchi

 略歴
1982
2010
愛知県生まれ
金村修ワークショップ参加


 個展
  「Stars & Stripes Forever」OGU MAG
「Shock Corridor」gallery mestalla
「Theodore John Kaczynski」現代HEIGHTS
「Third Order」gallery mestalla

up▲
 back to home▼