TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

■··········2013新春企画·········· ■

中山 正樹 展 Masaki NAKAYAMA
BODY SCALE 2013
“one and many bodies”

2013年1月7日(月)〜20日(日)
11:30〜19:00 (最終日17:00まで)
※1/9,16は休廊


 <作家コメント>
BODY SCALEというタイトルで、長年にわたり身体をテーマに写真や鉄、ロープ、木、ネオン管などの素材を使用して作品を作り続けてきました。
 身体と椅子との関わりについて考えると、ただたんに日常生活の快適さを求める関係だけではありません。構造的には足がありお尻があり背中や腕、頭のある椅子もあり身体においてネガとポジの関係です。しかし、それ以上に社会的な「座」として権威や階級、労働や休憩などさまざまな関係を作りだしています。今回の個展では、BODY SCALE 2013 “one and many bodies”というタイトルで椅子と身体をテーマに制作した彫刻、絵画、写真の作品を展示致します。







 作家プロフィール
1945

山梨県甲府市に生まれる。


 個展
1972
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1986
1990
1991
1992
1995
1999
2000
2002
2004
2005
2007
2010

スルガ台画廊(東京)
ときわ画廊(東京)
藍画廊(東京)
藍画廊(東京)
藍画廊(東京)、田村画廊(東京)
ウエストベス・ギャラリー(名古屋)
フォトメディウム・アート・ギャラリー(ポーランド)、ギャラリーO・N (ポーランド)、 田村画廊(東京)
藍画廊(東京)、ギャラリーK(東京)
藍画廊(東京) 1985 藍画廊(東京)、ギャラレー宙(東京)
ときわ画廊(東京)
ときわ画廊(東京)、ギャラリー古川(東京)
Art Gallery えれんて(東京)
ギャラリー古川(東京)、「中山正樹ドローイング展」アート・ギャラリー環(東京)
秋山画廊(東京)
トキ・アート・スペース(東京)
トキ・アート・スペース(東京)、ギャラリー手(東京)
トキ・アート・スペース(東京)
東京画廊(東京)
トキ・アート・スペース(東京)
トキ・アート・スペース(東京)
VISIONS人形町ヴィジョンズ(東京)


 主なグループ展
1972
1973
1974
1975
1977
1978
1979
1980

1981


1983
1984
1988

1989

1992
1995
1996

1998

2002

2004
2007
2008

2009
2010

2011
「第6回現代美術選抜展」セントラル美術館(東京)
「ニュー・ジオメトリック・アートグループ展」ミューラー・ギャラリー(ドイツ)
「日独合同国際展」京都市立美術館(京都)
「第11回現代美術日本美術展」兼京都美術館(東京)
「写真としての芸術・芸術としての写真展」はまのや画廊(東京)
「第12回現代美術日本美術展」東京都美術館(東京)
「美術その比重展」京都市立美術館(京都)
A WAY 「道」フォトメデュム・アートギャラリー(ポーランド)
「余白」カティヤ・ピサロ・ギャラリー(パリ)
「ルマン・アートフェスティパルII」ルマン市民ギャラリー(フランス)
「余韻」展 グリフォン・ギャラリー(オーストラリア)
「写真としての肖像・静物・風景」プラハ工芸美術館(チェコ)
「言葉から事場へ」横浜市民ギャラリー(横浜)
「現代美術5人展」かわさきIBM市民文化ギャラリー(川崎)
「現代美術としての映像表現」目黒区立美術館(東京)
「写真で語る」東京芸術大学芸術資料館(東京)
「写真とは何か、写真の150年展」チェコ国立美術館(チェコ)
「地・聞・余白=今日の表現から」埼玉県立美術館(埼玉)
「現代日本の版画と写真の展開」コンスタンツァ美術館(ルーマニア)
「線について ─ 不在のモダニズム、不可視のリアリズム」板橋区立美術館(東京)
さまざまな眼78「壁の向こうの聖ヨハネ」展 かわさきIBM市民文化ギャラリー(川崎)
「Art in Tokyo No.8 ─ 美術の内がわ・外がわ」板橋区立美術館(東京)
「MOTIVATION SAKURA」展 マーネス・スペース、プルノ美術館(チェコ)
「山梨の現代作兼たち展」山梨県立美術館(甲府)
「20世紀。美術は虚像を認知した」平塚市立美術鮨(神奈川県)
「コレクションのススメ展」カスヤの森現代美術館(横須賀)
「VISION」ギャラリー・クリティク(チェコ)
「コンテンポラリー008」展ギャルリー志門(東京)
「音・色・かたちのポロフォニー」スタジオSK(東京)
所沢ビエンナーレ・プレ美術展「引込線」西武鉄道旧所沢車両工場(埼玉)
第1回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」西武鉄道旧所沢車両工場(埼玉)
「美術の地上戦」神奈川県民ホールギャラリー(神奈川)
「不定形身体」展トキ・アート・スペース(東京)
第2回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」所沢市生涯学習推進センター(埼玉)


up▲
 back to home▼