TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

井上 練子  Neriko INOUYE

2012年 10月29日(月)〜11月4日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※10/31は休廊

 <コメント>

わたしはここ数年、花や木や風景の心引かれる色彩や造形を感覚的に画面上に置いていくという作業をしてきました。それも、画面上にレイアーを作るように、脳裏に浮かんだ像を描いた上から塗り重ねたり、ドローイングをして層にしていきます。
わたしはこれを「イメージの集積」と呼んでいます。
わたしはこの「イメージの集積」の作業で、画面上に木や花や風景そのものの再構築をはかり、自分なりのその対象物の本質を知りたいと思っています。

近年、木や花や風景そのものを追いかけて描き続けるなかで、「対象物とわたし」という関係性をさらに重要視するようになりました。たとえば、以前は泳ぐ熱帯魚そのものだけからのイメージに頼っていたのですが、今は、わたしと熱帯魚の間には水という大きな存在があるという事実を意識して描いています。
同様にして、空が青いこと、葉っぱが緑だということなど、あたりまえに「美しい」とだけ思っていた対象物に対しても、わたしとの間には、光や大気やその中に存在する分子、原子におけるまでさまざまなものの相互作用が存在することを発見するとともに、意識の上にのせて描くようにしています。
「対象物とわたし」という関係性を発見し、意識的に感覚の上に乗せて描くことで、以前より対象物へのまなざしに深みが出たと思っています。

そして同時に、「対象物とわたし」を意識すればするほど、今度は描く過程においてますます自分の感情が対象物に投影されるようになってきました。
「この色はこういう意味もあってほしい」
「この形はもっと直接的なシグナルがあってほしい」
以前は対象物がわたしの心に投影されていただけだったのが、今では双方が投影し投影され、コミュニケーションしている感覚で描いています。

今回の展覧会のタイトル「the Cords ∞」は、絵と観ていただいている方がそれぞれcordで繋がり、双方の意識や感覚が行ったり来たりする様子をイメージしてつけました。

いのうえ
acrylic and oil pastel on canvas(1455×2014mm)2012



作家プロフィール
1976 京都市生まれ

個展
2011 - layer - 展  ギャラリー白(大阪)
2009 ”PLANTS PLANET” ギャラリーa (京都)

グループ展

2012

第97回二科展(東京)

 

第4回二科京都支部展(絵画部)(京都市美術館別館)

第47回関西二科展 (京都)
2011 第96回二科展 (東京)
第3回二科京都支部展 (京都市美術館別館)
第46回関西二科展 (京都)
MONA展 ギャラリーa (京都)
2010 第95回二科京都展(京都)
第95回二科展 (東京)
第2回二科京都支部展 (京都市美術館別館)
1999-2009

MONA展 ギャラリーa  (京都)


受賞歴

2012

第97回二科展 新人奨励賞 受賞

2007

第20回上野の森美術館「日本の自然を描く展」入選

2006 第19回上野の森美術館「日本の自然を描く展」入選

学歴

1997〜

洋画家中野庸二氏に師事

2002

京都造形芸術大学通信教育部洋画コース終了



up▲
 back to home▼