TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

土屋 穣 展 Yutaka TSUCHIYA

「物を置くこと」
-pile blocks one on top of another-

  

2012年 9月3日(月)〜9月16日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※9/5,12は休廊

 <コメント>
 原基の円から原基の三角形へ
原基の円を獲得した幼児は、原基の円を組み合わせて多様な形態を表示します。さらに、四角が獲得できると、日常の形態に移行できる特殊な能力を持ったかのように、盛んに、饒舌に描画活動に関わり、バリエーションを広げます。
しかし、大きく成長変化が、形状に現れる中、三角形は、なかなかたどりつけません。巧みに、電車・恐竜が描ける幼児が、意外にも、三角形を描くことが難しいようです。

三角形は、形態の基に位置します。様々な形態は、この組み合わせによって、生まれると言っても良いでしょう。線は、二点を結ぶと生まれ、三角形は、三点を結ぶと生まれます。三角形は形態の起源です。
ドローイング12点、平面図12点、12の構成をデスク上に現します。
会期が12日間あるので、毎日構成物が様変わりします。また、パラフィンの本作も展示予定。



作家プロフィール
1981 東京芸術大学美術学部美術研究科ー大学院修了
  80年より現在まで国内外にて個展、グループ展を開催
   
主な個示
1982 ノースカロライナ大学企画展(同校展示室)
アートプロジェクト展 最終審査ヨーゼフ・ボイス・入賞(大山道子賞)
1985 84〜88年・大谷地下美術館出品および、88年メルトダウンの危機ー物言わぬ集団へー企画(宇都宮)
1988 "寓意のカテゴリー" 画廊パレルゴンII(東京)
栃木県立美術館主催インスタレーションコンクール
1991 ベルギー・日本現代美術交流展(東京ー浅草、ブリュッセルーサンカントネール)
1999 "透明幻想ー物と図の関係vol.1・2ー" トキ・アートスペース(東京)
2000 2000画廊企画シリーズ "A site of Seeing vol.6"
"透明幻想ーある描画の記憶ー" トキ・アートスペース(東京)
2002 "透明幻想ー消失点の向こう側ー" トキ・アートスペース(東京)
2004 "透明幻想ー物を置くと言うことー" トキ・アートスペース(東京)
2007 2007画廊企画 "アートの大人軸 vol.2"
"透明幻想ー量塊の現ー" トキ・アートスペース(東京)
2011 2011画廊企画 "Various Skill vol.5"
"透明幻想ー物を置くことー" トキ・アートスペース(東京)
2012 "透明幻想ー物を置くことー" トキ・アートスペース(東京)


up▲
 back to home▼