TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2011企画シリーズ "Various Skills" Vol.6
独自の領域への考察を、固定した手法に囚われずに制作する、
1年を通して計6人の個展


丸山 常生 展 Tokio MARUYAMA
−install-action(インスタラクション)という方法−

2011年 12月12日(月)〜12月25日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00
(初日15:00〜 最終日P.M.5:00まで)
※12/14,21(水)休廊

■12月12日(月)
 18:00〜 作家よるShort Action −“mapping”
■12月17日(土)
 18:00〜 作家よるShort Action −“tracing”
■12月23日(金・祝)
 18:00〜 作家よるShort Action −“sticking”
                 (全て無料)

 <作家コメント>
「インスタラクション」とは造語である。インスタレーション(installation)でも、インストラクション(instruction)でもない。 意味は、 "install - action”=「行為を据える」といったところか。 今回は、基本的にはインスタレーションとしての造形作品であるが、会期中に3回ほどショートアクションを予定している。

3.11以降、私たちがSF的設定だと思っていた世界を現実として生きるはめになっても、その中ですら、かつて非日常であった日常を淡々と生きている。この国で、豊かで平和で退屈な消費社会の中の「おわりなき日常」が喧伝されていたのが夢のようだ。これから当分(少なくとも私がこの世に存在している間は)、この地では「日常」と「非日常」がまだら模様で混在していくのだろう。放射線量値が高いホットスポットが思いがけない飛び地に紛れ込んでいるように。
仁木智之

略歴
1982年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(杉全直/榎倉康二研究室)修了
1979年より美術家として活動を始める。
私たちの身体、居住空間、都市などを貫く「環境」を、膨大な情報や人の視線などのエネルギーが流れる「通過場」としてとらえ、そこから人の活動や自然現象の「痕跡=記憶」を取り出し、「私たちが生きている場」を再編成することを構想する。
現在まで、写真・映像など多様なメディア・形式で作品を多数発表。パフォーマンス・アーティストとしても日本および世界各地で公演。また、アートプロジェクトの企画、ワークショップを通じアートの普及教育的な活動にもかかわる。

C.V. (2000年以降の抜粋)
2011 "Silence" (遊工房アートスペース  東京)
トロールの森2011(都立善福寺公園とその周辺 東京)
2010 個展 “Simultaneous positioning”, (Grave, Victoriaville, Quebec, Canada)
2009 "Rain meets the Sun", (M.K.Curlionis National Museum of Art, Kaunas, Lithuania)
はじめる視点 - 博物館から覚醒するアーティストたち(福島県立博物館 福島)
2008 "Hope社会・地域とアート (名古屋市民ギャラリー矢田, 名古屋)”
2007 個展 “Simultaneous positioning”, (ギャラリー・ブロッケン, 東京)
2005 個展 “Simultaneous positioning”, (trace, Cardiff, Wales, UK)
2004 "The Rising Sun" - 日本の現代美術, (Tehran Museum Contemporary Art, Tehran, Iran)
"Between Eco & Ego”, (川口市内各所 / Naxos, Greece)
2003 "越界語言", (BTAP, Beijing, China)
2002 個展 "Simultaneous positioning", (トキ・アートスペース, 東京)
2001 個展 "Simultaneous positioning", (Galerie Claudia Delank, Koln, Germany)
2000 "NAW 2000", (Kunstraum, Dusseldorf, etc. Germany)
個展 "都市化への記憶", (Metal art Museum HIKARINOTANI, 千葉)


up▲
 back to home▼