TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2011企画シリーズ "Various Skills" Vol.5
独自の領域への考察を、固定した手法に囚われずに制作する、
1年を通して計6人の個展


土屋 穣 展 Yutaka TSUCHIYA
2011年 10月24日(月)〜11月6日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※10/26、11/2は休廊


 <作家コメント> 
ー物を置くことー
-pile blocks one on top of another-
 一人の子供が、熱心に積み木遊びをしています。積上げては、崩し、微妙なバランスに喜々とします。並べたり、積み重ねたり、それは、道路になり、橋になり、建物が作られ、町が現れます。連なる積木の上を、(ブーブー)(ガタガタ)などと言いながら、お気に入りの車や電車を、走らせます。あたかも、その作られた情景の中に、自分が居るかのように話しかけ、独り遊びをしています。

 モノを並べるということ。モノを積み上げると言うこと。彫刻の始まりです。

 彫刻が始まる。
彫刻は、ある量塊とある量塊の関係に生まれます。
彫刻の表面は、内部のある量塊とある量塊の激しいぶつかり合いを覆い隠し、密かに、その葛藤を表面に現出させます。静止したかのように見える彫刻作品の中に、エネルギーの流動と発散をドキドキしながら眺めることができます。
00
一つの核、その組み合わせは、無数に存在する。

『物体と空間との緊張感のある拮抗、その振動作用』

『物体は、いっぱいに凝縮された空間』

『空間は、いっぱいに拡散された物体』

『為す術は、この曖昧を位置付けること。そして尚、見つめること』

作家プロフィール
1981 東京芸術大学美術学部美術研究科ー大学院修了
  80年より現在まで国内外にて個展、グループ展を開催
   


主な個展
1980 アートショップ '80  "wood plan '80 彫刻ーもう一つの方法ー" Gアートギャラリー(東京)
1981 "wood plan '81 彫刻ーもう一つの方法ー" ギャラリー山口(東京)
1982 "wood plan '82 彫刻ーもう一つの方法についてー" NAFギャラリー(名古屋)
1985 真木画廊(東京)
1988 "寓意のカテゴリー" 画廊パレルゴンII(東京)
1989 ルナミ画廊(東京)
1991 "拡散と集合"ギャラリーサージ(東京)
1999 "透明幻想ー物と図の関係vol.1・2ー" トキ・アートスペース(東京)
2000 2000画廊企画シリーズ "A site of Seeing vol.6"
"透明幻想ーある描画の記憶ー" トキ・アートスペース(東京)
2002 "透明幻想ー消失点の向こう側ー" トキ・アートスペース(東京)
2004 "透明幻想ー物を置くと言うことー" トキ・アートスペース(東京)
2007 2007画廊企画 "アートの大人軸 vol.2"
"透明幻想ー量塊の現ー" トキ・アートスペース(東京)
2011 2011画廊企画 "Various Skill vol.5"
"透明幻想ー物を置くことー" トキ・アートスペース(東京)

主なグループ展
1982 ノースカロライナ大学企画展(同校展示室)
1981 東京芸大準備室二人展 "儀式から戯式への言説" Gアートギャラリー(東京)
1985 同時代性の発話(埼玉県美術館企画展)(名古屋)
大谷地下美術展 "88年メルトダウンの危機ー物言わぬ集団へー企画"(宇都宮)
1986 埼玉県立美術館展 "万象の変様"(埼玉)
1988 埼玉県立美術館主催インスタレーションコンクール(栃木)
1991 ベルギー・日本現代美術交流展(東京ー浅草、ブリュッセルーサンカントネール)
1995 大谷地下美術館カタログ制作(東京)


up▲
 back to home▼