TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

2011企画シリーズ "Various Skills Vol.3"
独自の領域への考察を、固定した手法に囚われずに制作する、
1年を通して計6人の個展


平田 星司 Seiji HIRATA

2011年 7月11日(月)〜7月24日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.4:00まで)
※会期中無休

 <作家コメント>
 Various Skills とはさまざまな技術、とりわけ作品の表現や素材面において多様であるということなのだろう。それは一面で、絵画や、彫刻または映像というような単一のカテゴリーに収まらないことで人を戸惑わせることもあるが、多様ということは逆にいえば無造作にばらばらにあるのではなく、光を受けた宝石が乱反射するのと同じように、ある中心的な動きからの別々の影や形ともいえる。

 芸術のジャンルとしてのカテゴリーはそれ自身が規範を作り閉じたシステムにならないかぎりにおいてのみ意味がある。あるジャンルのなかで作品の微小な差異を必要以上に語ることは、却って新たな可能性の奨励を妨げ、ジャンルの内側で自家撞着に陥ることになる。例えば絵画において「画になっている、あるいはいない」という審級のような独特の言いまわしがある。それを否定はしないまでも、もしある地点をクリアーすれば覆っていた雲の切れ間から青空が覗き、試練を乗り越えたそこから先はすべてうまくいくというような話ならば興味はない。芸術のある形式の(カテゴリーの中のカテゴリーの中のそのまたカテゴリーの‥●)道は細くなったとしても、かといってその先が行き止まりとは限らない。ただ過去のさまざまな試みを無視することはできないとすれば、結局作品は「今現在はない」ものに向かっての試みしかない。小さなきっかけからプロセスが始まる。何がどこまでできたか、その可能性だけに関心がある。



略歴
東京都在住
1967年 東京生まれ. 東京理科大学二部理学部物理科卒 
1991年 渡英 94年ブライトン大学絵画科卒 
1996年 ロンドン大学スレード美術校修士課程絵画科修了

おもな個展
2000
2001
2002
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010

マイナスの絵画」 藍画廊/東京
「1つの部屋に、1つの絵画。」 藍画廊/東京
「残されるもの/Leftovers」 藍画廊/東京
「その手の話」 藍画廊/東京
「シンポジウム」 ギャラリー森/三浦市 神奈川
「静かな広場」 ガルリ・ソル/東京 
「赤と黒」 ガルリ・ソル/東京
「界面」  藍画廊/東京
「reawake」 ギャラリー現/東京
「干満な反復」 現代ハイツギャラリーDEN/東京


おもなグループ展
1995
2009
2010

SouthBank Photo Show “ Home Truth” Royal Festival Hall/London *Prize Winner
アートプログラム青梅2009「空間の身振り」展 旧青梅織物工業協同組合/青梅 東京
エステティック/ライフ 中根秀夫 平田星司展 トキ・アートスペース/東京 

個人サイト http://homepage.mac.com/seiji_hirata/

up▲
 back to home▼