TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

擬態美術協会 展 GITAI ART UNION
「〜(TILDE)」

2011年 6月13日(月)〜6月19日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※会期中無休

event&party
18日(土)18時〜
擬態美術協会の結成当時の作品上映とトークを行います。
※併せて、ささやかなパーティーも開催します。是非、ご参加下さいますようお願 い申し上げます


 <作家コメント>
〜はにょろと呼ばれているように、掴みどころがないドジョウのような姿をして過去と未来をつなぎます。 本 展示では〜を輪切りにして〜の軌跡に迫っていきます。すり抜ける「一刹那」をこの機会に是非ともご体験くだ さい。

せつな[刹那]:仏語(ぶつご)。時間の最小単位。1回指を弾く間に 60あるいは65の刹那があるとされる。



 略歴
1994年2月 擬態美術協会それ自体を作品と考え結成。

★90年代は、路上や公園など、場所や状況を含むプロセスを作品として展開。
・新宿の公園の樹木に作品名「木」というネームプレート設置するなど、公園をギャラリーに見立てる試み。
・東京渋谷の「ハチ公像」を泡だらけにして洗浄。
・歩行者天国を利用して、車線(破線)のあいだに全長6メートルのハサミのシートを設置し「キリトリ線」に
仕立てる行為。

★00年代は、アートイベントに参加して、行為そのものを提示。
・20分間拍手をし続ける行為で、客と演者の関係を反転。
・アヤトリをブロックサインで伝達して、床に設置した、左右三本ずつの円柱で、再現する試み。
・「名刺」と印刷された名刺を、観客と際限なく交換し続けた作品。

◆近年の動向 
 〜これまでの「作品生成の過程」を機械装置で再演することを広く行っている。
2011年
「GITAI+KAGI/2人展」TOKIO Out of Place(東京)
「フレーム!フレーム!展」(東京)

2010年
個展
SoHo ART GALLERY(大阪)
グループ展
「奈良アートプロム」GITAI+KAGI/2人展(奈良)
「POSCART展」アーツ千代田3331地階 B106(東京)

2009年
個展
AD&A Gallery(大阪)
マキイ マサル ファインアーツ(大阪)
グループ展
「NAP 公開会議vol.2 + プレ展覧会」(大阪)
「ART TRANSNATIONAL 2009」大阪府立現代美術センター 
「UNDUSTRIAL展」SoHo ART GALLERY(大阪)

2008年
個展 
マキイ マサル ファインアーツ(東京)
グループ展
「アーティストサミット 哲学の間 〜 時空」鰻谷SUNSUI(大阪)
「コマンドN活動10周年記念 秋葉原TV全編&東京ラビットパラダイス スクリーニング展」(東京)
「Gallery≠Galleryクロージング展」(東京)

ホームページ http://www.geocities.jp/gitaiau/


up▲
 back to home▼