TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

川崎 惠理 展 Eri KAWASAKI
「花くれなひにすみ」

2011年 5月30日(月)〜6月5日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※6/1日(水)休廊

 <作家コメント>
まだ20代の頃、初めて黒澤明の「生きる」をみてこの歌を知った。主人公の志村喬がブランコに乗りながら口ずさむシーンが有名だ。なんて素敵な歌だろうと思って母に訊いてそれが「ゴンドラの唄」という昔はやった歌だったこと知った。
映画で聞いた「いのちみじかしこいせよおとめ あかきくちびるあせぬまに」の「あかき」はわたしの中では「紅」という文字に置き換えられていた。そして私にとってそれは血の色であり花の色であり花の色であった。
それから長い年月をへて私は血の色ととも花の色とも言える濃い赤を作品のテーマとして使うようになった、その原点は「生きる」の中で歌われたこの歌の歌詞だったのかもしれない。

いのち短し 恋せよ 乙女
赤き唇 褪せぬ間に
熱き血潮の冷えぬ間に
明日の月日のないものを


 略歴
1978年

武蔵野美術大学卒業


 略歴
1980
1983
1986
1990
1994
1997
1998
1999
2001
2002
2003
2004
2005
2007
2008
2009
画廊春秋(銀座)
画廊春秋(銀座)
画廊春秋(銀座)
Gallery navi(自宅)
岩崎ミュージアム(横浜)
グループ展 ギャラリー那由他
「収斂と拡散」gallery Q(銀座)
「収斂と拡散」gallery Q(銀座)
「原生」ギャラリー山口(京橋)
「inside out」ギャラリー山口(京橋)
「life itself-inori」爾麗美術(横浜)
「空の深度-depth of air」爾麗美術(横浜)
「花の生まれたとき-innocent broom」ギャラリー山口(京橋)
「生き続けるものへ」トキ・アートスペース(青山)
「DETACHMENT」トキ・アートスペース(青山)
「花の時・光の場所」トキ・アートスペース(青山)


up▲
 back to home▼