TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

東 祐二 展 Yuji HIGASHI
「スペース(構築と逆行)」
 
インスタレーション

2010年 11月29日(月)〜12月5日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※12/1は休廊


 <作家コメント> 

場について1
 8月の光に満ちた日、汗だくになって写真をとっていた。
木立ちのトンネルを通り抜け目が慣れるまもなくゆがんだ金属製の扉に反射する光が道路の暗闇になった部分に放たれ周囲がギラギラと輝き、燃えているようだ。
時代遅れの重い箱がたのカメラをのぞき、光と陰の混じりあった世界を眺めていたとき、ふとあの時見た映像を思い出す。
 正方形の鉄板と鉄板の間から漏れる光に視線を感じ、影の方へ意識を向けたとき影の部分だと思ったところにポッカリとあいた窓
波打ち際の風景のように揺れながら表れたり消える、何か
一瞬の判断停止後  画廊外の道路を信号待ちしていた車がいっせいに走り出した、ガラス(マジックミラー)ごしに見ていたときにきづく。(90年代半ばのときわ画廊 市川和英氏のインスタレーションを見たときの体験です)
 風景一眼差を感じる装置ーガラスにうつる映像 それらが一体になったもの。 平板な物質上に浮かぶ映像と背後の風景が重なり合い一体になって平面でもなく立体というには半端な、最小限の厚みをもった空間・場のようなものだ。 いまファインダーごしに見ている風景 できあがる写真を予想しつつ目の前の風景を見る。 この映像の背後に現実の風景があるのではないかと言う考え 2つのものが重なりわずかに厚みをもった空間・場を感じる そんな観念のようなものが、頭をかすめ、すぐさま淡く消えていく 何かを感じたという痕跡だけをのこし。

00

作家プロフィール
1956 石川県金沢市生まれ
1982-86 kobatake彫刻工房


個展
1993,95 ときわ画廊(東京)
1994,95,97,98,01,04 ギャラリーサージ(東京)
2000,06 秋山画廊(東京)
2002 メタルアートミュージアム(千葉)
2003,08,10 トキアートスペース(東京)
2005,09 ギャラリー檜(東京)


up▲
 back to home▼