TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

Unidentified Body
「不定形身体」
カリン・ピサリコヴァ
木村浩之
神野八重子
瀬戸理恵子
中山正樹
仁木智之
森哲弥

2010年6月7日(月)〜13日(日)
11:30〜19:00 (最終日17:00まで)
※会期中無休


 

Shave me. 2010 mixed media, 120x60 cm

カリン・ピサリコヴァ
Karin Pisarikova (b. 1981 in Czech Republic)

1981年 チェコ共和国ブルノ市出身
イギリス、イタリア他で学んだ後、2008年阿佐ヶ谷美術学校、2009年より多摩美術大学(港千尋研究室)給費留学生。2010年吉原治良賞記念アートプロジェクト。ぬいぐるみなど、独特のユーモアを持った作品を写真、ビデオ、パフォーマンス、参加型アートで発表。


インタラクションの秘密
  次々に現れる情報メディアはわたしたちの文化を圧倒的な視覚優位へ追い立てているが、カリン・ピサリコヴァの作品は身体感覚、特に皮膚感覚的なインタラクションを追求している。皮膚はわたしたちの身体を覆う最大の器官であると同時に、自己と環境とのインタラクションが起きる場所でもある。
テディベアはわたしたちの幼児期と結びついているが、その触覚的記憶がどのようなかたちでわたしたちの内に沸き起こるのか、これは試してみなければわからない。ここではぬいぐるみという非人間が、人間が抱えているインタラクションの秘密を、きわめて個人的なレベルで明かそうとするのである。
アニミズムやトーテミズムをはじめとしてアートは多くの文化において、人間と非人間との関係における、見えない次元を浮かび上がらせてきたが、カリン・ピサリコヴァはこの関係に、独特のユーモアをもって新たな回路を開こうとしている。


木村浩之塵手水

木村浩之 Hiroyuki KIMURA
1975年 東京生まれ
2007年 個展 「発気揚々」 (トキ・アートスペース)
2009年 個展 (Galerie Hexagone/ドイツ・アーヘン)


神野八重子素材 ミックスメディア(パネル・OIL・密蝋・シルクスクリーン・真鍮2mm)、点字−詩「Buta No Sakebi」

神野八重子 Yaeko SHINNO

見知っている虚しい物体としての顔・身体が、見知らぬ物になり表れてくる瞬間を求めて制作しています。

瀬戸理恵子 瀬戸理恵子 Eriko SETO
広島市出身 武蔵野美術大学卒業 ペンシルヴァニア大学大学院修了 ニューヨーク、イスタンブール、フィンランドで個展、ジーンズファクトリーアートアワード2004グランプリ受賞、ギャラリズム2006アンコール作家に選出


中山正樹
010 BODY SCALE「不定形身体1、2、3」他 木・染料塗料・アクリル

中山正樹 Masaki NAKAYAMA

1945年 山梨県生まれ。1969年より国内外にて個展、グループ展など多数。最近の主な展覧会、2009年第1回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」の企画運営に参加し出品する。


仁木智之Still living 2004

仁木智之 Tomoyuki HITOKI
1968年 横浜市生まれ。1998年ゴールドスミス・カレッジ(英)大学院・修士課程卒。主な発表に、トキ・アートスペース(“AWAKE” Vol. 5/2004年企画シリーズ)、プラザ・ギャラリー(“A HUGE GLASSCASE SHOW” 2008)、「セゾン現代美術館セゾンアートプログラム、アートイング1999:21×21」、「かながわアートアニュアル2001」神奈川県民ホールギャラリー。90年代より鑑賞者自身の身体の関与を要する立体作品を制作する。本展に於いても木材を主体とした体感可能な作品を出品する。


森哲弥
森哲弥 Tetsuya MORI
1969年生まれ。1995年多摩美術大学彫刻科卒。2002「第5回FUJINO国際アートシンポジウム」(神奈川県/藤野町)、2009“Media”-vol.3 (トキ・アートスペース企画シリーズ)「新世代の視点2009」GALERIE SOL(東京)、ポラリス・ジ・アート(鎌倉)




up▲
 back to home▼