TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

西野入 礼展

「臍の緒ワンダーランド−」

2009年 9月28日(月)〜10月11日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※9/30(水)休廊


 <画廊コメント> 

今回の展示名は、「臍の緒ワンダーランド」である。「臍の緒」という、日常耳慣れない言葉を用いて、今回の展示のイメージを表現してみた。では、私にとって、「臍の緒」とは、何であるのか。
「臍の緒」というのは母子のイメージである。
母であれば、未だ見ぬ我が子、自分の中に確かに存在するが、存在するものが何か分からない、期待もあれば、不安もある。母なる私と胎児を結ぶものとして、「臍の緒の」イメージがある。
もう一方で、胎児にとってみれば、「臍の緒」は、未だ見ぬ外部、お腹の中という限られたスペースの、更に外へ、大きく開かれている世界を結んでいる。
「臍の緒」というのは、私にとって、内部と外部を、同時にイメージさせるようなものである。
 そして、「描く」という行為は、まさに私の内なるものと、外なるもの、確かに内に存在しながらも、全く分からない何か、そして私の周りの限られた世界の中の、更に外にあるかもしれない世界を探るため、繋がれている「臍の緒」を見つけ、辿ることなのだ。「臍の緒」は辿る道であり、「描く」ことは、その道を辿る行為なのだ。
このような作品世界観を、麻紙に岩絵具と墨、膠を使用して表現した。私自身の内外を探る過程の中で生まれた、大、中、小作品、ドローイングを合わせ、30点ほどの作品を展示する。





 略歴
1981年生まれ 埼玉県出身
2005年
2006年


2007年


2008年

グループ展 「4/けだま展」銀座OS画廊)
多摩美術大学卒業
堀越泰次郎記念奨学基金 第5回奨学生
グループ展 e-mit(銀座スルガ台画廊)
グループ展「けだま展」(銀座ギャラリー青羅)
グループ展 e-mit 2(銀座スルガ台画廊)
神奈川県美術展 入選
多摩美術大学大学院美術研究領域修了
グループ展「けだま展 3」(銀座東和ギャラリー)


作品紹介web URL
http://www.nishinoiri-aya.com/



up▲
 back to home▼