TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

東 祐二 展 Yuji HIGASHI
『風景の向こうへ(編むことから)』
 インスタレーション

2008年7月21日(月)〜8月3日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※7/23・30(水)は休廊


 <作家コメント>
題名は、中上健次の同名のエッセイから借用した。
初めてこの題名を聞いたとき、ひどくとっぴな発想のように感じたことを覚えている。
今から考えると現実の風景(目に見える)を唯一のもののように考えていたのではないかと思う。
風景を私たちをとりかこむ(環境)―自然および人間が自然との関わりで作りだした(人工的環境)記号・言語・文化総体と考えること。
『風景の向こうへ』とは見えるという視線のベクトルを反転してその成り立ちを原初の方向へさかのぼることではないか。
私は制作行為の中で素材の表面に蓄積された痕跡の集合体が(たぶん未分化であるが多様な可能性に開かれた世界)を形成するように思える。
今回は(トーン)の違う二つの痕跡の集合体を編む
相補的に関係させる(互いに他を規定する)ことによってもう一段階高次の記号性を獲得できるのではないかとの試みである。
結果作られる市松模様は現在においては、絵画・彫刻から見れば周辺的なあつかいをうける装飾に類するものでもあるが風景の至る所で見いだされ、かつ力強い印象を持っている。
それは痕跡に類する弱い力による表現とより強い表現との境界を表していると思う。
なまな人間のいとなみをきっかけにして人工的な構築物に囲まれた世界の背後について考える…。 。



yuji higashi


 略歴
1956
1982〜86年
石川県金沢市生まれ
kobatake彫刻工房


 個展
1993
1994、95、97、98、01、04
2000、06 
2002 
2003
2005
ときわ画廊
ギャラリーサージ(東京)
秋山画廊
メタルアートミュージアム
トキ・アートスペース(東京)
ギャラリー檜(東京)


up▲
 back to home▼