TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

OPTICAL NATURE II 展
目の隠喩としての自然
(プラハと日本のアーチストの展示)

2008年 2月11日(月)〜2月17日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※2/13は休廊


共催:日本・チェコ現代美術交流展実行委員会
共催:チェコ美術評論家連盟 ASAB
協力:チェコ広報文化センター


 <コメント>
「OPTICAL NATURE」展のチェコ、プラハ展は2007年にクリティック画廊で開催されました。東京展はいくぶん作品を変えながら、パート1を人形町ヴィジョンズで、パート2をトキ・アートスペース、パート3はチェコ文化センターで開催されることが決まっています。
この展覧会は3年前に開催された「日本・チェコ現代美術交流展」の第2回展です。全回と同様に、チェコはヴラスタ・ノシロ・チーハコヴァ、日本は中山正樹を代表にして トキ・アートスペース、人形町ヴィジョンズなどが協力する日本・チェコ現代美術交流展実行委員会を中心に実現しました。
今回は「OPTICAL NATURE」で、そのまま訳せば「光学的な自然」ですが、あえて「目の隠喩としての自然」としました。「OPTICAL NATURE」 のタイトルで意図されていたのは、わたしたちの伝統的で因習的な視覚を脱臼=転位させて、あらたな視覚の可能性を切り開くものは何かを提示することでした。 チーハコヴァと日本・チェコ現代美術交流委員会はこうした問題をアートのフィールドで話し合いながら、具体的な作品を選択し提示したのが 「OPTICAL NATURE」展です。

samipermeablemembrane 2006/三上紗智子


 出品作家
<チェコ> Marie Haskovcova Marcela Vichrova
<日 本> 加山 隆 三上紗智子 元木孝美 諸星千恵

up▲
 back to home▼