TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

笠置絵津子 展 Estuko KASAGI
「撫順の光」 (CGコラージュ)

2007年2月19日(月)〜2月25日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※2/21(水)休廊

来る2007年1月から4月にかけて「2つの時間を持つ写真」シリーズ「満州編」の作品を3つの会場で展示します。作品の一部は、2006年3月に姫路市立美術館主催で開催された「笠置絵津子展-ふたつの時間ふたつの光」で発表した物です。トキ・アートスペースでは、個展「撫順の光」を開催いたします。
<関連展覧会>
■笠置絵津子展「ふたつの時間、満州編」銀座ニコンサロン
 2007/1/17(水)-23(火)10:00-19:00(最終日16:00)
■岡本太郎記念現代美術大賞展 川崎市岡本太郎美術館
 2007/2/3(土)-4/8(日)

 <作家コメント>
 母の死をきっかけに始めた「ふたつの時間を持つ写真」シリーズの「満州編」から 「撫順」にまつわる作品をトキアートスペースで展示する。
 「ふたつの時間を持つ写真」とは、カラー写真による私の「現在」とモノクロ写真による母の「過去」、をパソコン内で衝突させ「第三の光景」を現出させる試みである。母の古い家族写真、収集した満州資料写真、現実の旅で撮影したカラー写真、12歳から現在までの私自身のカラー写真を使っている。
 母は、1934年から1946年までを満州で暮らしたが、前半の10歳から16歳の少女期を撫順という街で過ごした。母にとって撫順は「青春の輝き」であった。その輝きと「満州の重さ」の療法を抱えて生きた母たちの「撫順」に、戦後生まれの私が作品で迫る。


「1936年頃、満州国撫順市撫順高等女学校前にて、12歳頃の母」
40cm×30cm computer-composed photograph、2006年制作


 作家プロフィール


1992

兵庫県生まれ
奈良女子大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了(理学修士)
ニューヨーク大学大学院芸術学部スタジオ・アート専攻修士課程修了(マスター・オブアーツ)
第26回キャノン写真新世紀、奨励賞受賞
第10回岡本太郎記念現代芸術大賞入選

 個展
1998
1991

2002
2003
2004
2006

「TRISTAN-素粒子からの贈り物」銀座ニコンサロン
ミクストメディア・インスタレーション「The Third Sex was a Combination of Male and Femail-Plato」
 ニューヨーク・80 ワシントンスクエアイーストギャラリーズ
「Mother's Dress」銀座コバヤシ画廊
「Imagination Daughter」銀座コバヤシ画廊
「KAOHSIUNG台湾高雄1928-2003」銀座ニコンサロン
姫路市立美術館主催現代郷土作家展「笠置絵津子展-ふたつの時間ふたつの光」兵庫県姫路市民ギャラリー
「台湾の母」大阪・天野画廊銀座ニコンサロン

 おもなグループ展
1991
1994

2003
2005
2006

「日本人写真家10人展」ニューヨーク・マルチメディアアートギャラリー
「音楽とアートの記念祝典」にてインスタレーション「定家卿に捧ぐ」実施 
 岐阜県神岡鉱山東大宇宙線研究所スーパーカミオカンデ地下空洞
「幻想と幻視-混在領域と領域侵犯-展」平塚市美術館
POST戦後?アンデパンダン展 経堂アペル
「日本のアーチストたちの年賀寿」展 ベオグラード(セルビア)


up▲
 back to home▼