TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

■新春企画■

桑山 彰彦 展 Akihiko kuwayama

Spaghetti Junction
(CG)

2006年12月18日(月)〜12月26日(火)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日もP.M.7:00まで)
※12/20(水)休廊


 <作家コメント>
  この数年取り組んでいるテキストを使ったドローイングシリーズのSpaghetti Junctionの展開形である地図シリーズを前回トキアートスペースにて発表しました。 これは東京の地図上に書かれている地名を英語訳した作品で漢字単位にバラバラにした地名や駅名、道路名、施設名などを直訳したりテキストを直訳してから翻訳することで製作された作品です。
翻訳された地名によっては軽い悪意をもって翻訳されたもの、ユーモアを交えて翻訳されたものがあり、翻訳されたことで普段使われているそれらの名称の本来の意味が露わになっていくにつれて、発声された音や記号としては使用不可能なくらい 変換されてしまい、制作中の作者にとっても、作品を見ていただいた人達にとっても地図上をたどっていくうちに自分が知っているはずの地名 の再変換、再々変換によって軽い目眩のようなものを体験していく作品です。

世界中のさまざまな国で英語は普及し外来語として浸透していくケースも多いようです。わたしが日本人だからそう思うのかもしれませんが他の言語に比べて日本の場合は特にカタカナ表記によって その浸透が著しいのではないでしょうか?
明治維新、第二次世界大戦の敗戦後、現在のインターネットの普及などさまざまなきっかけによって外来語としての英語は その元あった本来の英語においての意味を逸脱したり単一の意味になってしまった私達の日Spaghetti Junctionのドローイングによって 視覚的に日本語と外来語の両者どちらにも所属することのできない言葉が絡み合っている状態をいわば結界化した図に置き直して外部から眺めることで、その結界を表面化させて露わにしていく作業を今回も発表いたします。
しかし図は図でしかなく、単なるきっかけであって外部からその図を見ているつもりになっていても結局はその世界の内側にいることを忘れているだけなのです。
[Spaghetti Junction] 2006年 CG 


 作家プロフィール
1969
1998

1969年 大阪生まれ(東京で育つ)
1998年 武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了


up▲
 back to home▼