TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

桑山 彰彦 展 Akihiko kuwayama

Spaghetti Junction
(紙にぺンでドローイング)

2006年9月25日(月)〜10月8日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※9/27、10/4(水)休廊


 <作家コメント>
  私が英語のネイティブスピーカーではないかわりに日本語の使い手であることは間違いないのだが、実際に日本語を殆ど使えない、自分以外の他者に向けて日本語を発することの殆どない環境に身を置いてみっると日頃ツールとして無意識に汎用してえきた日本語ということばが疎ましいほどに自分のからだに滲みついているのを感じた、と同時にアルファベットをカタカナ化して平べったい表現にしてしまうことが出来るわたしの母国語、っそして単体として五感にうったえかけてくる、表象する文字としての漢字を除外して、発音文字である仮名のみのテキストを成立させることの出来ない私の母国語としての日本語の特異な性質と呼べばいいのであろうか、システムと呼んだ方がよいのであろうか、そんな当たり前のことをあらためて自覚してしまった。(当然、その逆もあるのだが)
日本以外のことばにも同じ様な特徴があるのか否かは他言語のネイティブスピーカーではない私にとっては分からない、私は美術家であって言語学者ではないから。
しかし、自分の身に 染み付いてしまっている言語を同じ感触になるように外国語で説明することの不可能さや一種のズレのようなものに何度も手こずってしまったのだが 実際には意思の疎通を外国語で行っていくうえで一字によって意味の成立が不可能な漢字を、日本語をまったく解さない外国人に説明していくのは興味深い作業であった。
これはすべて母国語への飢えが呼び覚ました感覚だったのかもしれない。

今回の作品では地名や道路名などを表意表形文字としての漢字と漢字に変換可能な仮名の英語への直訳作業によってナンセンスで無機能な日本地図と東京の地図の製作を試みる。
あえて私が今まで使ってきた彫刻的な表現手段を今回は捨てて、地名をナンセンスに直訳化して地図を製作していくことで日頃普遍的にかつ単純に音で区別している私が今住み この作品を発表する場である日本とその首都である東京の地名のただ表記された単体のことばとしての意味を逆に浮き立たせようと考えている。これは私がここしばらく手がけてきたSpagehetti Juncction と名づけられたドローイング群の延長線の仕事であり極力手により作業を行わずに制作される。
欧米で日本語のテキストがプリントされた衣類が何年か前に流行したのはいまだ記憶に新しいし、視覚的な面白さが受け入れられて日本に逆輸入されて 来ていると同時にカタカナで欧米のことばを表現しそれらの濫用で年々変化していく母国語、遠い遠いその原因のようなものへのささやかな悪意もこめて...。

[Spaghetti Junction] 2004年 42×29.5cm 紙にペンでドローイング 


 作家プロフィール
1969
1998

1969年 大阪生まれ(東京で育つ)
1998年 武蔵野美術大学大学院彫刻コース修了


up▲
 back to home▼