TOKI ART SPACE
トキ・アートスペース A.M.11:30-P.M.7:00 (LAST DAY -P.M.5:00) 水曜休廊
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-42-5 サイオンビル1F
TEL/FAX 03-3479-0332
>>>mapはこちら

中山 正樹 展 MASAKI NAKAYAMA

BODY SCALE(投影される身体)

2005年 11月07日(月)〜11月20日(日)
A.M.11:30-P.M.7:00 (最終日P.M.5:00まで)
※11/9,16は休廊


 <作家コメント>
私身体をテーマとした「BODY SCALE」というタイトルで、長年にわたり写真や鉄、ロープ、木、ネオン管などの素材を使用して作品を作り続けてきました。その都度副題は異なりますが、1987年からは「気体化する身体」について模索した作品を製作してきました。今回の個展では、こうした思考の一部として「BODY SCALE」(投影される身体)というテーマで制作した写真(背面)と立体の作品を展示いたします。





 作家プロフィール
1945
山梨県に生まれる


 個 展
1972年のスルガ台画廊での初個展より、藍画廊、ときわ画廊、トキアートスペース、東京画廊、他など国内外で多数行う。

 グループ展
1972
1973
1974
1975
1977
1978
1979
1980

1981


1983
1984
1988

1989

1992
1995
1996

1988

2002
「第6回現代美術選抜展」セントラル美術館(東京)
「ニュー・ジオメトリック・アートグループ展」ミューラー・ギャラリー(ドイツ)
「日独合同国際展」京都市立美術館(京都)
「第11回現代美術日本美術展」兼京都美術館(東京)
「写真としての芸術・芸術としての写真展」はまのや画廊(東京)
「第12回現代美術日本美術展」東京都美術館(東京)
「美術その比重展」京都市立美術館(京都)
A WAY 「道」フォトメデュム・アートギャラリー(ポーランド)
「余白」カティヤ・ピサロ・ギャラリー(パリ)
「ルマン・アートフェスティパルII」ルマン市民ギャラリー(フランス)
「余韻」展 グリフォン・ギャラリー(オーストラリア)
「写真としての肖像・静物・風景」プラハ工芸美術館(チェコ)
「言葉から事場へ」横浜市民ギャラリー(横浜)
「現代美術5人展」かわさきIBM市民文化ギャラリー(川崎)
「現代美術としての映像表現」目黒区立美術館(東京)
「写真で語る」東京芸術大学芸術資料館(東京)
「写真とは何か、写真の150年展」チェコ国立美術館(チェコ)
「地・聞・余白=今日の表現から」埼玉県立美術館(埼玉)
「現代日本の版画と写真の展開」コンスタンツァ美術館(ルーマニア)
「線について ─ 不在のモダニズム、不可視のリアリズム」板橋区立美術館(東京)
さまざまな眼78「壁の向こうの聖ヨハネ」展 かわさきIBM市民文化ギャラリー(川崎)
「Art in Tokyo No.8 ─ 美術の内がわ・外がわ」板橋区立美術館(東京)
「MOTIVATION SAKURA」展 マーネス・スペース、プルノ美術館(チェコ)
「山梨の現代作兼たち展」山梨県立美術館(甲府)
「20世紀。美術は虚像を認知した」平塚市立美術鮨(神奈川県)
「コレクションのススメ展」カスヤの森現代美術館(横須賀)

up▲
 back to home▼